「silent」“湊斗”鈴鹿央士の決断に視聴者号泣 「脚本も演者も化け物過ぎる」「毎回最終回でもいいレベル」

2022年10月28日 / 07:09

「silent」 (C)フジテレビ

 川口春奈が主演するドラマ「silent」(フジテレビ系)の第4話が27日に放送された。

 本作は、主人公の青羽紬(川口)が、本気で愛しながらも別れることになった元恋人の佐倉想(目黒蓮)と、音のない世界で再び“出会い直す”、切なくも温かいラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 紬の家で鉢合わせをした想と戸川湊斗(鈴鹿央士)と光(板垣李光人)。思わずその場を去ろうとする湊斗に、紬は「想と2人でちゃんと話した方がいい」と諭す。

 湊斗は8年ぶりに想と向き合う中で、何も変わっていないと感じ、高校仲間のフットサルに参加してみないかと誘う。そんな湊斗に対して、同級生たちは紬と想の復縁を懸念する。

 だが、紬の親友の横井真子(藤間爽子)は、紬が今は湊斗のことを本当に大切に思っていることを理解する。

 そして、迎えた当日、同級生たちが待つフットサル場に、想がやって来る。

 終盤では、紬との恋に身を引く決断をした湊斗が、紬に「別れてほしい」と告げる。「なんで?」と聞く紬に、湊斗は「好きな人がいるから」と、8年前に想が紬に別れを告げたときと同じ言葉を伝える。

 放送終了後、SNS上には、「すごい回だった。3話までの積み重ねがあるからこそ、湊斗の『好きな人がいる』のせりふの意味が伝わって泣いた」「今週も号泣だった。せりふの対比がすごくて心をえぐられるし、曲が流れるタイミングも完璧」「涙が止まりません…。お願いだから、みんな幸せになって」などの感想が投稿された。

 また、本作について、「こんなに毎週泣かせる神ドラマは初めて」「毎回最終回でもいいと思うほどのハイレベル」「脚本も演者も化け物過ぎる」「朝ドラみたいに毎晩やってほしい」といった反響が多数寄せられた。

「silent」(C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

「アンチヒーロー」「結局、名字に色が付く人は全員味方だったんだね」「10人の真犯人を逃すとも、一人の無辜を罰するなかれ」

ドラマ2024年6月17日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第10話(最終話)が、16日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆 … 続きを読む

「東京タワー」最終話 “詩史”板谷由夏と“喜美子”MEGUMIの決断に反響 「すてきな終わり方」「“透”永瀬廉ら4人の役者が素晴らしかった」

ドラマ2024年6月17日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の最終話が15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  小島透(永瀬)は、浅野詩史(板谷由夏)と二度と離れたくない焦りから「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない。一緒に暮らそう」 … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の決断に「涙腺崩壊」 「“七苗”川口春奈と一緒に泣いた」「つら過ぎる」

ドラマ2024年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第9話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を追って空港へ駆け付けるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口)。それでも諦 … 続きを読む

「Re:リベンジ」主人公“海斗”赤楚衛二の闇落ち展開に「斬新なドラマ」 「赤楚くんがドラマ始まった頃と別人でアッパレ」

ドラマ2024年6月14日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第10話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  朝比奈陽月(芳根京子)は、天堂記念病院の医師である大友郁弥(錦戸亮)から、妹の朝比奈美咲(白山乃愛)の … 続きを読む

「Believe」 “陸”木村拓哉と“玲子”天海祐希の夫婦の絆に反響

ドラマ2024年6月14日

  木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第8話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が … 続きを読む

Willfriends

page top