川口春奈主演の「silent」「1話からクライマックス並みの切なさ」 “想”目黒蓮の手話シーンは「圧巻だった」「気持ちが痛いほど伝わってきた」

2022年10月7日 / 11:51

「silent」(C)フジテレビ

 川口春奈が主演するドラマ「silent」(フジテレビ系)の初回が6日に放送された。

 本作は、主人公の青羽紬(川口)が、本気で愛しながらも別れることになった元恋人の佐倉想(目黒蓮)と、音のない世界で再び“出会い直す”、切なくも温かいラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 高校時代に、想の声と紡ぐ言葉に引かれた紬は、中学からの幼なじみ・戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介をきっかけに想と仲よくなり、交際へと発展。

 2人は音楽という共通の趣味を通じて、かけがえのない時間を過ごした。

 しかし、大学進学後、紬は想から一方的に別れを告げられる。紬には何が理由なのかが分からなかった。

 8年後、紬は想への心残りはありながらも、湊斗と幸せな日々を送っていた。

 そんなある日、紬は駅で偶然、想の姿を見掛ける。思わず声を掛けたが、想には届かなかった。想は“若年発症型両側性感音難聴”を発症し、音のない世界で生きていたからだ。

 ラストでは、想が紬に、病気によって3年前に聴力を失ったこと、紬のことが好きだからこそ別れを選んだことを手話で伝え、「俺たち、もう話せないんだよ」と泣きながら、行き場のない気持ちを訴えた。

 放送終了後、SNS上には、ラストシーンに反響が集まり、「目黒蓮の長い手話が切な過ぎて泣いた。彼の気持ちが痛いほど伝わってきた」「目黒くんの感情が乗った手話、川口さんの胸が張り裂けそうな演技もすごかった」「ラストの2人は、画面にくぎ付けになるほど圧巻だった」などの声が投稿された。

 このほか、「1話からもうクライマックス並みの切なさ。2人に幸せになってほしい」「初回から涙。久々にドはまりしそうなドラマ。風間俊介さんら、脇役も最高だった」といった感想も寄せられた。

「silent」 (C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top