「silent」“紬”川口春奈と“想”目黒蓮のカフェシーンに反響 「2人のあふれる涙に一緒に泣いた」「リアルで切なくて引き込まれた」

2022年10月14日 / 13:32

「silent」(C)フジテレビ

 川口春奈が主演するドラマ「silent」(フジテレビ系)の第2話が13日に放送された。

 本作は、主人公の青羽紬(川口)が、本気で愛しながらも別れることになった元恋人の佐倉想(目黒蓮)と、音のない世界で再び“出会い直す”、切なくも温かいラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 紬は、8年ぶりに想と偶然の再会を果たしたが、手話で一方的に話され、状況が把握できずに立ちすくむ。一方、想はこの8年間の思いが募り、行き場のない気持ちを消化できずに、紬の下から立ち去る。

 想は高校卒業の頃に耳に違和感を抱くようになり、その異変に気付いた母の律子(篠原涼子)が病院に連れて行くと、遺伝性の病の可能性があると診断された。

 自分のせいかもしれないと責任を感じ、なかなか受け入れられない律子に対し、想は申し訳なく感じ、そのまま上京することを決め、紬にも病気のことは隠して別れを告げたのだった。

 紬と交際中の戸川湊斗(鈴鹿央士)は、紬と想が再会したことに不安は拭い切れないものの、思いとは裏腹に、春尾正輝(風間俊介)の手話教室を紹介する。

 想と話せるようになりたいと思う紬は手話教室に通うことを決意し、想に「もう一度会って話したい」と告げる。

 放送終了後、SNS上には、「2話も切なかった。最近のドラマにはない静かな空間が心地いいドラマで、演者のしぐさや目の演技が素晴らしい」「久しぶりに毎回泣けるドラマ。脇を固める俳優陣の芝居もいい。最後はみんなに幸せになってもらいたい」などの感想が投稿された。

 また、紬と想がカフェで再会するシーンにも反響が集まり、「8年前に別れたときの話をしているシーンでボロ泣きした。2人のあふれる涙に自然と一緒に泣いていた」「川口さんが泣くのを堪えている表情からの号泣。それを見て、優しい表情でぽろぽろと、涙を流す目黒さんが、リアルで切なくて引き込まれた」といった声が集まった。

「silent」(C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top