戸田恵梨香、永野芽郁の母親役に「うそでしょ」 永野「スイッチが入ったときの戸田さんは、もう怪物みたいに恐ろしい」

2022年10月27日 / 17:40

永野芽郁(左)と戸田恵梨香 (C)エンタメOVO

 映画『母性』記者会見が27日、東京都内で開催中の第35回東京国際映画祭で実施され、出演者の戸田恵梨香、永野芽郁と廣木隆一監督が登壇した。

 本作は、湊かなえ氏の同名ミステリー小説を映画化。娘を愛せない母・ルミ子を戸田、母に愛されたい娘・清佳を永野が演じた。

 戸田は「永野芽郁さんの母親にはなれないだろうと思いました。『うそでしょ』って。親子ほど年が離れているんだろうかと、ちょっと心配になって調べちゃったぐらい」と、オファーを受けたときの心境を語った。

 実際に現場に入ると、「私演じるルミ子自身が“母親になれない人”でもあるし、芽郁ちゃんが私のことを、母として見てくれていたので、精神的にはなんとか成立させられた感じでした」と明かした。

 永野との芝居では、「とにかく涙がポロポロ出てくるので、『どうやって泣いているんですか?』と、初めて役者さんに聞きました」と笑顔でエピソードも語った。

 一方、永野も「出演を決定するに当たり、『戸田恵梨香さんが主演だから』と話を聞いていたので、脚本を開く前に、『戸田さんだったらやります』と。それぐらい、いつかご一緒したかったので、純粋にうれしかったです」と振り返った。

 実際に共演した感想を問われると、「スイッチが入ったときの戸田さんは、もう怪物みたいに恐ろしいんです。誰も声を掛けられないぐらい、グワーッと(役に)入っていくので、それを間近で見させていただけたのは、すごく貴重な経験になりました」と語った。

 また、映画にちなみ、「自分はどういう娘だった?」と尋ねられた戸田は「割と箱入り娘じゃないけど、すごく大事に大事に、守られてきたなと思います。幼少期なんかはいつもプリンセスに憧れて、ドレスを着てそこらへんを走り回っていました。けど、なんだろう…。学生になると、早く自立したくてしょうがないと思っていました」と振り返った。

 永野は「私、本当にいい娘だと思うんですよ。お母さんが喜ぶことをしたいと常に思っているし、『行きたい』という場所には連れていく。運転手もするし、本当、いい娘です」と自画自賛して笑いを誘った。

 映画は11月23日から公開。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top