「赤いナースコール」新たな犠牲者に「ヤバ過ぎる」「口封じか?」 犯人は“アリサ”福本莉子説や“下塚”大水洋介説も

2022年8月23日 / 19:17

「赤いナースコール」(C)「赤いナースコール」製作委員会

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第7話が、22日に放送された。

 本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われるミステリー&ラブサスペンス。秋元康氏が企画・原作を手掛けた。(※以下、ネタバレあり)

 夜中に潜入捜査をしていた刑事の加藤桜(堀口紗奈)が棺おけに閉じ込められ、焼き殺されてしまう。

  しかも、殺害時に犯人らしき人物から警察に通報があり、受話器からは助けを求める加藤の声とともに、チャイコフスキーの曲が流れていた。

 相棒を失った刑事の工藤文世(池田鉄洋)は、殺意を覚えるほどの怒りに打ち震える。

 翔太朗ら6人病室の患者たちも事件を知り、その状況から犯人が病院の中にいることを確信する。

 放送終了後、SNS上には、「工藤刑事と加藤刑事の関係性に、とても切なくなった」「毎週誰かが“強制退院”されちゃうからドキドキだ」といった感想が集まった。

 また、「犯人はアリサで、アリサが院長(鹿賀丈史)と21歳ナース(浅田美代子)の娘とか」「首なし遺体だった下塚(大水洋介)が実は生きていて、犯行に関わっていると推測」などの犯人考察が投稿された。

 ほかに、看護師の野田千鶴子(上地春奈)が何者かに転落死させられたラストシーンにも反響が集まった。

 「最後がヤバ過ぎる。野田看護師まで殺されるとは…」「最後がえぐい。看護師はイヤホンで何かの様子を確認していたのか?」「老婆(藤夏子)を殺した犯人側の看護師が殺されたってことは、知り過ぎたための口封か?」などの声が上がった。


芸能ニュースNEWS

「新宿野戦病院」「英語と岡山弁混ぜてしゃべっていい日本人は藤井風だけ」「俺を誰だと思ってるんだ、俺だぜ」

ドラマ2024年7月25日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第4話が、24日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「西園寺さんは家事をしない」 “西園寺”松本若菜と“楠見”松村北斗が“偽家族”の検証へ 「一瞬でキュンに持っていく松村北斗すごい」

ドラマ2024年7月24日

  松本若菜が主演するドラマ「西園寺さんは家事をしない」(TBS系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、徹底して家事をしない主人公・西園寺一妃(松本)と年下の訳ありシングルファーザー&その娘の風変わりな同居 … 続きを読む

「あの子の子ども」妊娠発覚後の“宝”細田佳央太の対応が「いい男過ぎる」 「『海のはじまり』の弥生の元カレとの差がすごい」

ドラマ2024年7月24日

 桜田ひよりが主演するドラマ「あの子の子ども」(カンテレ・フジテレビ系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校2年生カップル・川上福(桜田)と月島宝(細田佳 … 続きを読む

内田理央、美しき悪女役に危機感「ダイエットをしなくては…」 松井玲奈、役柄との共通点は「理央ちゃんをすごく好きなところ」

ドラマ2024年7月24日

 ドラマ「嗤う淑女」で主演を務める内田理央と共演の松井玲奈が取材に応じ、ドラマの見どころや役作りについて語った。  本作は、“どんでん返しの帝王”と呼ばれる作家・中山七里氏の人気シリーズ『嗤う淑女』を実写化。美貌と天才的な話術をもつ希代の悪 … 続きを読む

「マウンテンドクター」”江森”大森南朋の口止め疑惑の真相が明らかに 「どちらもあの子を助けるための優しさ」

ドラマ2024年7月23日

 杉野遥亮が主演するドラマ「マウンテンドクター」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師・宮本歩(杉野)が、さまざまな思いを抱えた患者や医療従事者たちと触れ合い … 続きを読む

Willfriends

page top