「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

2022年8月9日 / 06:55

「赤いナースコール」(C)「赤いナースコール」製作委員会

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。

 本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマにしたミステリー&ラブサスペンス。秋元康氏が企画・原作を手掛けた。(※以下、ネタバレあり)

 午前0時。病室を抜け出した翔太朗は、恋人の三森アリサ(福本莉子)との再会を果たすが、電動ノコギリを持つ何者かに襲われる。

 だが突然、館内放送でチャイコフスキーの曲が大音量で流れ、気がつくと、電動ノコギリ男はいなくなっていた。

 一方、病室では、翔太朗の身代わりに、テレビ東洋のプロデューサー・山之内優馬(小堀裕之)がベッドにいたが、翔太朗が戻ると、山内は殺害されていた。

 その後、記者会見を開いた榎木田記念病院の院長・榎木田誠(鹿賀丈史)は、奇妙なトラブルに襲われる。

 放送終了後、SNS上には、「今週も怖過ぎてドキドキした。電動ノコギリは怖さをかき立てる」「徘徊(はいかい)のおばあさん(藤夏子)の登場シーンが毎回、怖過ぎる」「最後の院長の登場シーンには悲鳴を上げてしまった。病院の人たちがみんな怖いけど、勝利くんのかわいさに癒やされている」などの感想が投稿された。

 また、終盤では、榎木田院長と新人看護師の西垣小百合(浅田美代子)が、元夫婦だったことが判明した。

 これを受けて、「院長と新人看護師が元夫婦となると、まだ出ていない息子をかばっているのか」「院長は間違いなく犯人に心当たりがある。浅田美代子が21歳を名乗っているのは、2人の息子の年齢?」「院長室の家族写真が気になる。老婆が院長か浅田美代子の母親に一票」などの考察が投稿された。

「赤いナースコール」 (C)「赤いナースコール」製作委員会


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top