工藤阿須加「家族があってこそなんだろうなというのは、映画を見て理解できた」 伊達公子「夢を持つことの大切さを感じる映画」

2022年2月4日 / 06:53

伊達公子(左)と工藤阿須加 (C)エンタメOVO

 映画『ドリームプラン』スペシャルトークイベントが3日、東京都内で行われ、元女子プロテニス選手の伊達公子氏と俳優の工藤阿須加が登壇した。

 本作は、世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を、世界チャンピオンに育て上げた実父のリチャード氏の実話を映画化。ウィル・スミスが主演し、プロデューサーも務めた。

 実際にウィリアムズ姉妹と対戦したこともある伊達氏は「これはサクセスストーリーであることに間違いないのですが、それだけでは語れない、家族愛、家族の絆、そして夢を持つことの大切さを感じる映画になっています」とアピール。

 また、実際のリチャード氏を会場で何度も見掛けたことがあるという伊達氏は「本当にウィル・スミスさんを見ていると、リチャードさんを見ているかのように、そっくりなんです。しぐさとか、ちょっとした背中の曲がり具合とか…」と興奮気味に語った。

 一方、テニスのプロを目指したことがあるという工藤は「僕はスポーツでプロの世界には行かなかったけど、妹がゴルフでプロの世界に行きまして。やはり家族がどれだけその競技のことを理解して、どうサポートしていくか、家族がどれだけ覚悟を持って、向き合えるかが大事。それだけ世界で戦うというのは、精神的にも負荷の掛かるものなので」と語った。

 そして、「家族があってこそなんだろうなというのは、映画を見て理解できたし、僕も痛感しています」としみじみ語った。

 工藤の父親は、元プロ野球選手の工藤公康氏。映画にちなみ「家族のルール」を尋ねられると、「常に小さい頃から言われてきたのは『礼儀、あいさつ、態度』。誰に対してもしっかりあいさつして、感謝の気持ちを持つ。そういうのは一番厳しかったです」と振り返った。

 映画は2月23日から公開。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top