小松菜奈、映画『余命10年』は「本当に特別な作品」 坂口健太郎「豊かで美しい作品に巡り合えたことに感謝」

2022年7月21日 / 06:49

(左から)坂口健太郎、小松菜奈、藤井道人監督 (C)エンタメOVO

 映画『余命10年』デジタル配信/ブルーレイ&DVDリリース記念イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の小松菜奈、坂口健太郎と藤井道人監督が登壇した。

 本作は、小坂流加氏の同名小説を映画化。数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉(小松)が、地元の同窓会で和人(坂口)と出会い、互いに強く引かれ合う様子を描く。

 累計興行収入30億円の大ヒットを記録した本作。公開から時を経た今、「改めて自分にとってどんな作品か」と尋ねられた小松は「本当に特別なものになったというのは間違いないです。おばあちゃんになってもそう思えるんじゃないかな。それぐらい(撮影時は)とてもいい時間でした」としみじみ語った。

 周囲の反響も大きかったそうで、「街を歩いていると、若い男の子に『余命10年見ました』と話し掛けられたり、親子連れやおばあちゃんとか、本当に幅広い年齢の方に見ていただけたんだなと実感しています」と喜びを語った。

 坂口は「この作品は、とても美しい時間の中で撮影させてもらったので、完成作を見る前から“すごいものができるんだろうな”という予感が何となく頭の中にありました」と告白。

 続けて、「役者として、時間を掛けても、これほどたくさんの人に愛される作品にはなかなか巡り合えなかったりもする。だからこれだけ豊かで美しい作品に巡り合えたことに、僕はすごく感謝したいです」と笑顔で話した。

 この日は、事前にファンが投票した「劇中の好きなシーンランキング」を、メーキング映像を織り交ぜながら発表した。

 1位に輝いたのは、夜桜が舞い散る中、茉莉と和人が笑顔を交わすシーン。2人が初めて心を通わせるシーンでもあり、藤井監督は「互いに大事な存在になるまで…、言葉はなくても一つの感情を共有する場面を描きたかった」と説明。

 小松が「満開の桜がめちゃくちゃきれいで…」と懐かしむと、坂口も「この印象的なシーンを作るために、全員の力を総結集したような感覚がありました」と撮影時を振り返った。

 


芸能ニュースNEWS

「顔に泥を塗る」モラハラ彼氏“ハル”西垣匠の演技が絶好調 「最低男っぷりに興奮してる」「目がパキパキ過ぎて、大暴走が楽しみ」

ドラマ2024年7月21日

 高橋ひかるが主演するドラマ「顔に泥を塗る」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、SNSで話題の同名人気コミックを実写化。自尊心が低めな主人公・柚原美紅(高橋)が、メークの力で前を向き始め、モラ … 続きを読む

「青島くんはいじわる」“青島”渡辺翔太のバックハグに反響 「年下感が出てる」「優しい青島くんがたまらない」

ドラマ2024年7月21日

 Snow Manの渡辺翔太と中村アンがW主演するドラマ「青島くんはいじわる」(テレビ朝日系)の第3話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、イケメンでモテモテでも“恋愛不要主義”の「ツンデレ絶食系男子」と、恋愛から離脱 … 続きを読む

すとぷり、アニメ映画舞台挨拶にメンバー全員登場 莉犬「この映画が皆さんの勇気になったらうれしい」

映画2024年7月20日

 『劇場版すとぷり はじまりの物語〜Strawberry School Festival!!!〜』公開記念舞台挨拶&全国同時生中継の取材が19日、東京都内で行われ、すとぷりの莉犬、るぅと、ころん、さとみ、ジェル、ななもり。、監督を務めた松浦 … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」“脛男”木村昴の新たな強烈エピソードに反響 「ごめんなさい。こんなにおもしろいと思わなかった」

2024年7月19日

 木村昴主演、新川優愛出演ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村)が、中学時代に恋 … 続きを読む

「ギークス」“西条”松岡茉優の“イケメン隣人”白洲迅に関心集まる 「彼も何らかのギークなのか」「正体と魂胆を知りたい」

ドラマ2024年7月19日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第3話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

Willfriends

page top