「元彼の遺言状」“篠田”大泉洋に「一体何者?」の声 「急に怪しくなってきた」「悪い人じゃないよね?」

2022年5月3日 / 10:40

“篠田敬太郎”大泉洋(左)と“剣持麗子”綾瀬はるか (C)フジテレビ

 綾瀬はるかが主演するドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の第4話が、2日に放送された。

 本作は、敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)が、元彼の森川栄治(生田斗真)が遺した“奇妙な遺言”を知ったことから事件に巻き込まれていく様子を描くリーガルミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 麗子は、さまざまな企業の顧問弁護士について調べていた。狙いは老舗企業と長期にわたって契約している高齢の弁護士だ。若くて優秀な自分が営業をかければ、引退間近な彼らに代わって顧問弁護士契約が結べるに違いないという算段だった。

 一方、麗子の「暮らしの法律事務所」の雑用係、篠田敬太郎(大泉洋)は、そんな麗子の相手ができないほど楽しみにしているイベントがあった。

 敬愛するミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、新作を発表することになり、その記者発表会見の模様がオンラインで生配信されるのだ。

 しかし、いざ会見が始まると、秦野は突然、「私は、人を殺しました」と告白する。そして、秦野が明かした殺人現場の住所に警察が駆け付けると、そこには本当に男性の死体があって…。

 放送終了後、SNS上には、「綾瀬はるかと大泉洋がけんかをするシーンが、息がぴったりでよかった」「ゲスト出演の白鳥玉季ちゃんが、きれいなお姉さんになっていて驚いた」などの感想が寄せられた。

 また、ラストでは、自身のことを「栄治の大学時代のサークルの先輩」と名乗る篠田が、生前の栄治と秦野の小説について、語り合ったことを回想。その回想シーンの中で、篠田は「僕は大学に行っていないからさあ」と発言する。

 これについて、「篠田、大学に行ってないの? 何、このゾクゾク感」「最後、怖くなった。篠田は一体何者なの? 悪い人じゃないよね?」「急に大泉洋が怪しくなってきた。なぜ栄治は『シノダヲタノンダ』と遺言を残したのだろう」といった反響が集まった。

第4話のワンシーン (C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

「マイファミリー」“温人”二宮和也が誘拐犯を突き止める 意外な犯人に「こんな展開になるなんて」

ドラマ2022年5月23日

 二宮和也が主演する日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、ゲーム会社のCEO・鳴沢温人(二宮)の娘が誘拐されたことから始まる、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐事件で試される“家族の … 続きを読む

「しろめし修行僧」“ぶりあん”犬飼貴丈の説教シーンに反響 「トゲのあるぶりあんがかわいい」「脳裏から離れない」

ドラマ2022年5月23日

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。  本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白 … 続きを読む

「俺かわ」“康介”山田涼介と“和泉”芳根京子のキスシーンに反響 「山田くんのキスシーンは美し過ぎる」

ドラマ2022年5月22日

 山田涼介が主演するドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(テレビ朝日系)の第6話が、21日に放送された。  本作は、山田が「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”を演じるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)  弥生ビールの営 … 続きを読む

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

amazon

page top