藤原竜也「本当に楽しかったし、勉強になった」 松山ケンイチと15年ぶりの本格共演に笑顔

2022年1月29日 / 06:56

(左から)松山ケンイチ、藤原竜也、神木隆之介 (C)エンタメOVO

 映画『ノイズ』初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏と廣木隆一監督が登壇した。

 本作は、筒井哲也氏の同名コミックを実写映画化。誤って殺人を犯した藤原、松山、神木演じる3人の親友同士が、平穏な日常を守るため“死体隠し”に奔走する様子を描く。

 映画『デスノート』(06)以来、松山と久々に本格共演を果たした藤原。「本当に楽しかった。ガッツリ組むのは15年ぶりで、月日がたつのはあっという間。前と変わらぬ、彼の立ち姿、度胸というか、しっかりとした自分を持って、自分自身を主張して現場に入ってくれる。そういう人が1人いてくれたら俳優部はすごく助かるんです」と振り返った。

 具体的には、「(松山が)スタッフの人に対しても発言するし、場も回してくれるので、いい意味で楽ができる。今回のマツケンが、それを思ってやったかは分かりませんが、彼の姿勢を見て勉強になったし、とても助かりました」と語った。

 一方、以前、藤原の演技を“暴力的”と表現したことがあった松山は、司会者からその意味を尋ねられると、「随分前の『デスノート』のときも感じたことですが、自分が演技しているのとはまた違うところで演技をされている。それこそ圧がすごい。ずっとせりふをぶつけられているのですが、パンチされているみたいな感じがするんです」と説明。

 「これは対面して演技した人じゃないと分からない感覚かもしれない。カメラ目線で、竜也さんに同じ芝居をしてもらえば、お客さんも感じるんじゃないかな」と語った。

 これを聞いた藤原は「ありがたいです。僕も久々に楽しかったし、うまい人たちと一緒にやるということは、こんなに楽しくて、いい意味で引っ張ってもらえるんだなと。貴重な経験になりました」と笑顔を見せた。

 


芸能ニュースNEWS

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

東山紀之「頭の中で『マツケンサンバ』がぐわーと回る」 「いつかバックダンサーをやりたい」と松平健にラブコール

ドラマ2022年6月24日

 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」プレミア潜入生配信イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の東山紀之、小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が登壇した。  本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日 … 続きを読む

「持続可能な恋ですか?」“颯”磯村勇斗のタイトル回収に反響 林太郎“松重豊”の「『結婚とは永遠に続く愛情へのむちゃな挑戦』が深過ぎる」

ドラマ2022年6月22日

 上野樹里が主演するドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系)の最終回10話が、21日に放送された。  本作は、ヨガインストラクターの沢田杏花(上野)が、辞書編さん者の父・林太郎(松重豊)と父娘でダブル婚活をスタートさ … 続きを読む

amazon

page top