藤原竜也「本当に楽しかったし、勉強になった」 松山ケンイチと15年ぶりの本格共演に笑顔

2022年1月29日 / 06:56

(左から)松山ケンイチ、藤原竜也、神木隆之介 (C)エンタメOVO

 映画『ノイズ』初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏と廣木隆一監督が登壇した。

 本作は、筒井哲也氏の同名コミックを実写映画化。誤って殺人を犯した藤原、松山、神木演じる3人の親友同士が、平穏な日常を守るため“死体隠し”に奔走する様子を描く。

 映画『デスノート』(06)以来、松山と久々に本格共演を果たした藤原。「本当に楽しかった。ガッツリ組むのは15年ぶりで、月日がたつのはあっという間。前と変わらぬ、彼の立ち姿、度胸というか、しっかりとした自分を持って、自分自身を主張して現場に入ってくれる。そういう人が1人いてくれたら俳優部はすごく助かるんです」と振り返った。

 具体的には、「(松山が)スタッフの人に対しても発言するし、場も回してくれるので、いい意味で楽ができる。今回のマツケンが、それを思ってやったかは分かりませんが、彼の姿勢を見て勉強になったし、とても助かりました」と語った。

 一方、以前、藤原の演技を“暴力的”と表現したことがあった松山は、司会者からその意味を尋ねられると、「随分前の『デスノート』のときも感じたことですが、自分が演技しているのとはまた違うところで演技をされている。それこそ圧がすごい。ずっとせりふをぶつけられているのですが、パンチされているみたいな感じがするんです」と説明。

 「これは対面して演技した人じゃないと分からない感覚かもしれない。カメラ目線で、竜也さんに同じ芝居をしてもらえば、お客さんも感じるんじゃないかな」と語った。

 これを聞いた藤原は「ありがたいです。僕も久々に楽しかったし、うまい人たちと一緒にやるということは、こんなに楽しくて、いい意味で引っ張ってもらえるんだなと。貴重な経験になりました」と笑顔を見せた。

 


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top