佐藤寛太と大原優乃、こだわりは「におい」 ドラマ「あせとせっけん」で初共演

2022年1月28日 / 08:00

佐藤寛太(ヘアメーク: KANA(allure)/スタイリスト:Masahiro Hiramatsu(Y’s C)と大原優乃(ヘアメーク:Junko Morimoto(GON.)/スタイリスト:寒河江健) (C)「あせとせっけん」製作委員会・MBS

 MBSドラマ特区「あせとせっけん」合同取材会が行われ、主演の佐藤寛太(劇団EXILE)と大原優乃が出席した。

 本作は、化粧品&バス用品メーカーで、せっけんの商品開発プランナーを務める名取香太郎(佐藤)と、同じ会社の経理部で働く八重島麻子(大原)を主人公としたフェチラブストーリー。

 ある日、香太郎から新商品開発のために「においをかがせてほしい」と頼まれた麻子が、次第に香太郎に引かれていく姿が描かれる。

 原作が大好きで、本作の出演が決まる前から読んでいたという2人。

 佐藤は、原作の魅力を「これぞ純愛。互いのことを大事にし合っている2人が、一つずつ障害を乗り越え、お互いのことを知り、共に人生を歩んでいく幸せなストーリーです。今、少しタイトなスケジュールで撮影を行っていますが、それでも幸せにあふれたストーリーなので、演じるのが楽しくて仕方ありません」と話した。

 一方、大原は「ラブコメディーとはいえ、それぞれの心情が繊細にリアルに描かれているのがこの作品ならではです。しっとりしたシーンもあれば、ラブシーンもあったり、ラブコメということに捉われない、飽きない作品になっていると思います」と見どころを語った。

 また、佐藤は「このドラマには、(渋江修平)監督のこだわりが詰まっています。原作にも脚本にもない監督のイメージの世界を作り上げているシーンがある。監督も原作へのリスペクトを欠かさないので、このドラマが成功したら監督のおかげだし、もし受け入れられないときは監督のこだわりが強かったかもしれないです」と演出についても言及した。

 本作の設定にちなんで、「何フェチか?」と聞かれると、佐藤は「においフェチです。ただ、においといっても、香水よりも柔軟剤やせっけん、シャンプーとかの生活感が出るにおいが好きです」と回答。

 大原も同じく「においフェチ」だと言うが、「ヘアケアはこれ、柔軟剤はこれと決めています。ヘアケアアイテムは、私が使っている商品が日本から撤退してしまったので、買いだめをしています」とこだわりを明かした。

 ドラマ特区「あせとせっけん」は、2月3日から毎週木曜24時59分にMBSほかで放送。


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top