「TOKYO MER」が映画化。2023年公開 鈴木亮平「成長した姿を見ていただきたい」

2022年1月5日 / 15:49

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の映画化が決定 (C)TBS

 TBS系で2021年7月期に日曜劇場枠で放送された鈴木亮平主演の救命医療ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の映画化が決定した。公開は2023年となる。

 物語の主役は、「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。MERとは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、重大事故・災害・事件の現場に駆け付け、負傷者にいち早く救命処置を施す都知事直轄の医療チームだ。

 ドラマ版では、自らの危険を顧みず、患者の命を救うため、立てこもり事件やトンネル崩落事故、また、爆破テロの現場に果敢に飛び込んでいく「TOKYO MER」メンバーの姿が描かれ、話題を呼んだ。

 「TOKYO MER」のチーフドクター・喜多見幸太を演じる鈴木は「ドラマ放送中は、僕たちも皆さまからたくさんの勇気と熱い感想を頂きました。今回そのお気持ちに、映画化という最高の形で恩返しできることが本当にうれしいです。そして、現実でもまだ予断を許さない状況が続いているからこそ、医療従事者の方々の魂を伝えられる作品を作りたいと思っています」とコメントを寄せた。

 映画化については、「僕もまだ想像できていないのですが、間違いなくさらにスケールアップした作品になるでしょう。責任重大です。楽しみですが、少し怖くもあります」と心境を明かした。

 続けて、「われわれ『MER』メンバーもドラマと同じレベルのものをお見せするわけにはいきません。個々のスキルもチームワークもさらにパワーアップして、成長した姿を見ていただきたいです」と決意を語った。

 また、喜多見を支える医系技官の音羽尚を演じる賀来賢人、循環器外科とMERチームを兼務する研修医・弦巻比奈役の中条あやみ、都知事役の石田ゆり子、菜々緒、仲里依紗らの続投も発表された。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top