豊川悦司「ライバルはテレ朝の『相棒』ですから!」 中村倫也「言わなくていい」

2021年12月18日 / 09:26

(前列左から)岸谷五朗、中村倫也、豊川悦司、木村佳乃、(後列左から)英勉監督、岸井ゆきの、岡山天音、じろう (C)エンタメOVO

 Amazon Prime Videoの連続ドラマ「No Activity/本日も異状なし」配信記念ドライブシアターイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の豊川悦司、中村倫也、木村佳乃、岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきの、英勉監督、脚本を書いたお笑い芸人のじろう(シソンヌ)が登壇した。

 本作は、出世を諦めた万年ヒラ刑事の時田信吾(豊川)と、人たらしな新人刑事・椎名遊(中村)のバディが麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、あり得ないような騒動を描いた新感覚コメディー。

 豊川は、ドラマの配信開始を喜びつつ、「Amazon Prime Videoですから、何度見てもお代は一緒。もちろん見終わった後に解約して、またシーズン2のときに入ってもらっても全然かまいません」とアピールして笑いを誘った。

 撮影については「本当に素晴らしいおもちゃを頂けたような。素晴らしい共演者、監督、脚本、そして環境の中で、とってもくだらないことを思い切ってやらせていただきました。ライバルはテレ朝の『相棒』ですから。『相棒』には勝ちます」と冗談交じりに宣言した。

 中村が「言わなくていい」と突っ込むも、豊川は「勝つまでやります。シーズン300、400に行こうがやります」とコメント。すると中村も「300まで行くなら、健康には気を付けないといけませんからね」と笑顔で応じた。

 中村は、豊川との共演について聞かれると、「最高でした。それこそ、脚本を読んでイメージしているときから、ニヤニヤが止まらなかったんですけど。現場に行ったら、予想のはるか上空をいくチャーミングさで」と撮影時を回想。

 「きっと僕だけしか見ていない表情とか、ちょっとした変化もあったと思うので、これは自慢です」と語り、「あと、足が長くて助手席が狭そうでした。僕は余っていたのですが、折り畳んでいらっしゃって…」と裏話も披露した。


芸能ニュースNEWS

「オールドルーキー」放送スタート「初回からハマった」の声 横浜流星のサプライズ出演に「歓喜し、夢中になった」

ドラマ2022年6月27日

 綾野剛が主演する日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)の第1話が、26日に放送された。  本作は、現役を引退した元サッカー日本代表が、セカンドキャリアへ一歩踏み出す姿を描いたヒューマンドラマ。(※以下、ネタバレあり)  元サッカー日本代 … 続きを読む

「しろめし修行僧」最終回を迎え“感謝の声”が多数 「見ている間、ずっと幸せだった」「テレ東さん、ありがとう」

ドラマ2022年6月27日

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の最終話が、25日に放送された。  本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白 … 続きを読む

ムロツヨシ「代表作ですって!」と上機嫌 主演作の評判をSNSなどでチェック

映画2022年6月25日

 映画『神は見返りを求める』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきのと吉田恵輔監督が登壇した。  本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里( … 続きを読む

中村倫也、向井理の自宅に遊びに行った思い出を披露 「あの向井理が生田のロフト付き、6畳みたいなね」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」の舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の中村倫也、吉岡里帆、向井理が登場した。  本作は、2021年の秋に上演した「劇団☆新感線」の同名舞台を映像化。平安時代の京の都で宮廷に陰陽師として仕えた安倍晴明の … 続きを読む

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演に「懐かしさとワクワクと緊張感」 浜野謙太、演技のポイントは「うざくならないように」

舞台・ミュージカル2022年6月24日

 舞台「室温~夜の音楽~」開幕前取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝、平野綾、浜野謙太、演出の河原雅彦が登壇した。  本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたホラーコメディーを、河原が新演出版で上演 … 続きを読む

amazon

page top