玉木宏、記者役で「枯れた感じを出せたら」 渡部篤郎「久しくこういう鋭い目つきの方には会っていなかった」

2021年12月14日 / 21:15

(左から)松田元太、玉木宏、渡部篤郎 (C)エンタメOVO

 WOWOW「連続ドラマW だから殺せなかった」完成報告会見が14日、東京都内で行われ、出演者の玉木宏、渡部篤郎、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)と権野元監督が登壇した。

 本作は、第27回鮎川哲也賞優秀賞を受賞した同名小説を連続ドラマ化。新聞記者との紙上討論を要求し、ルールを破れば新たな殺人を犯すと予告する凶悪犯に対して、言葉の力で立ち向かう報道記者の姿を描くミステリー。

 主人公の敏腕記者・一本木透を演じた玉木は「僕は実年齢が41歳。監督と話すと、いわゆる41のちょっとした“くたびれ感”を大事にしたいということだったので、一本木はいろいろ抱えてそうなっているのですが、その枯れた感じが出せたらいいなと思って演じていました」と語った。

 あえて白髪を交えたスタイルで臨んだといい、「なかなか今までなかったこと」と振り返った。

 一本木の上司を演じた渡部とは、これが初共演。玉木は「ずっとお会いしたかった人。今作でご一緒できてすごくうれしかったです。撮影後も、僕の家族ぐるみで食事に誘っていただいて、ステーキをごちそうになりました。本当に幸せな時間でした」と笑顔でエピソードを語った。

 渡部は「ちょっと高いステーキね!」と冗談めかしながら、「私も彼の作品を見て、いつかお会いしたいと思っていた。久しくこういう鋭い目つきの方には会っていなかった。本当に目が強い。さすがだなと思いました」とコメント。

 さらに、「それは芝居だけでできることじゃない。彼自身が持っている情念とか、そういうものがきちんと役に反映されているからなんじゃないかな」と続けると、玉木は「うれしい限り。たくさん一緒にお芝居をして、すごく勉強させていただきました」と返した。

 ドラマは、2022年1月9日、放送・配信スタート(全5話)。

 


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top