「ハンオシ」“百瀬”坂口健太郎のガチャガチャシーンに反響 2回のキスシーンも「本当にドキドキした」

2021年11月24日 / 08:51

坂口健太郎(左)と清野菜名 (C)TBS

 清野菜名と坂口健太郎が出演するドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の第6話が、23日に放送された。

 本作は、独身を満喫している27歳の大加戸明葉(清野)と、ある理由から“既婚者”の肩書が欲しい、広告代理店勤務のサラリーマン・百瀬柊(坂口)が、偽装結婚をすることから始まるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 兄の妻に思いを寄せる百瀬の不毛な恋を目の当たりにし、明葉は自分が入り込む余地がないことを思い知る。それでも百瀬と一緒にいたい明葉は、偽装夫婦という関係を死守することを考えていた。

 そんな中、明葉の母・葉子(杉本彩)と父・丈治(ルー大柴)が突然、家にやってくる。一方、仕事では明葉が大ファンと公言している作家・丸園ふみ(西尾まり)から本の装丁の依頼が舞い込んできた。

 放送終了後、SNS上には、「切なかった」「百瀬さんもいいけど、唯斗(高杉真宙)くんが強過ぎる。まったく脈ないのに顔が良過ぎて圧倒的勝利」という感想が投稿された。

 また、百瀬が明葉と仲直りするために、何度もガチャガチャを回して、明葉が持っていないフィギュアを渡すシーンが放送された。

 すると、「段々と明葉が気になってきてる百瀬がかわいい。あんなにガチャガチャやっちゃうのとか、一生懸命過ぎる」「百瀬は今まで一度も恋愛が進展したことないから段階も分かんないんだなあ…。とりあえずガチャガチャは『友達』のためにはあんなにやらない」などのコメントが集まった。

 さらに、百瀬から明葉、明葉から百瀬と、今回、2回もキスシーンが登場したことで、「今日が一番キュンキュンした」「キスシーンすごくよかった。本当にドキドキした」などと反響を集めた。


芸能ニュースNEWS

前田敦子、お酢好きの念願がかない「幸せ」 粉末酢の大量がけにマヂラブもびっくり

イベント2021年12月6日

 「タマノイ酢 コーポレートアンバサダー就任発表会」が6日、東京都内で行われ、女優の前田敦子、お笑いコンビ・マヂカルラブリー(村上、野田クリスタル)が登場した。  「タマノイ酢」のコーポレートアンバサダーに就任した前田は、宣伝部長の肩書が入 … 続きを読む

「真犯人フラグ」“不倫の証拠”DNA情報鑑定書に衝撃 「“瑞穂”芳根京子を襲ったのは“河村”田中哲司?」

ドラマ2021年12月6日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第8話が、5日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く考察 … 続きを読む

「二月の勝者」“順”羽村仁成が「開成を受験したい」 「“父”金子貴俊と対峙するシーンがカッコ良くて震えた」

ドラマ2021年12月6日

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系)の第8話が、4日に放送された。  本作は、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり)  偏差 … 続きを読む

「日本沈没」“里城”石橋蓮司の人脈が移民交渉の鍵に 「希望の人は里城副総理」の声も

ドラマ2021年12月6日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第8話が、5日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曾有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿を … 続きを読む

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」新作開幕 中尾暢樹「息遣いや体温をリアルに感じられるように」

舞台・ミュージカル2021年12月5日

 ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~うずまきナルト物語~初日会見&公開ゲネプロが4日、東京都内で行われ、出演者の中尾暢樹、佐藤流司、北園涼、玉城裕規が登壇した。  本作は、岸本斉史氏による漫画『NARUTO-ナルト-』が原作の … 続きを読む

amazon

page top