「最愛」“情報屋”高橋文哉の悲しい告白に「涙が出た」 「“しおり”田中みな実は“渡辺”朝井大智の被害者なのか…」

2021年11月8日 / 06:09

刑事の“大輝”を演じる松下洸平(左) (C)TBS

 吉高由里子が主演するドラマ「最愛」(TBS系)の第4話が、5日に放送された。

 本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手で、事件の真相を追う刑事の宮崎大輝(松下洸平)、梨央を守る弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)を中心に展開するサスペンスラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)

 事業説明会での騒動に加え、「真田ウェルネス」の疑惑を追及する記事のゲラ刷りや、新薬を中傷するネットニュースが出回り、梨央はさらなる窮地へと追い込まれる。

 専務の後藤(及川光博)は、会社の裏事情をかぎ回るしおり(田中みな実)に不信感を抱き始め、彼女について調べるよう、情報屋(高橋文哉)に指示を出す。

 その頃、警察は殺人事件の被害者である昭(酒向芳)に500万円を渡した男の足取りを追っていた。

 その後、情報屋の正体が失踪していた梨央の弟・優であることが判明。優は自身が昭の首を締めている動画を梨央と大輝に公開すると、再会した梨央に「ごめんな、姉ちゃん。やったのは俺なんや」と告白する。

 放送終了後、SNS上には「やっぱり情報屋は弟だったか。梨央と優の再会シーンは目頭が熱くなった」「幸せであるべき姉と弟の再会が、すごく切ないもので涙が出た」などの感想が寄せられた。

 また、事件の真相について、さまざまな意見が投稿され、「本当に優が犯人なのかな? 2件とも優の後にとどめを刺した黒幕がいるのかも」「お父さん(光石研)の死もすっきりしない。優の記憶が混乱することを利用した犯人がいると思う」といった考察が上がった。

 そのほか、「しおりが大学を休学したのも15年前。しおりは渡辺(朝井大智)と関係があるからこそ事件を追っているのでは?」「しおりは渡辺の被害者なのか彼女なのか…気になる」といった声も集まった。

“加瀬”井浦新(左)と“梨央”吉高由里子 (C)TBS

 


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top