「真犯人フラグ」第3話「戒名が不穏過ぎて怖い」 「遺影を拝んでいたのは生駒里奈か宮沢りえか?」

2021年10月25日 / 12:23

主人公のサラリーマン・相良凌介役の西島秀俊 (C)日本テレビ

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第3話が、24日に放送された。

 本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰められていく姿を描く考察ミステリー。(※以下、ネタバレあり)

 新居の基礎コンクリートからのぞく片足のローファー。警察が駆け付けて掘り起こすと、埋まっていたのはローファーだけだったが、DNA鑑定の結果、ローファーは娘・光莉(原菜乃華)の物だと判明する。

 凌介は、部下の瑞穂(芳根京子)に配送車のドライブレコーダーから見付かった失踪直前の映像を見せられる。その映像では、赤い傘を差した妻の真帆(宮沢りえ)が、娘の光莉と息子の篤斗(小林優仁)と一緒に歩く姿が映っていた。

 そして、凌介は見知らぬ男から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介がその男と接触すると、現れたのはベンチャー企業の社長・一星(佐野勇斗)だった。

 1年前から光莉と交際していたという一星は、カップル専用アプリのGPS機能の通知によって、光莉の居場所が群馬県の山中であると伝える。凌介たちがその場所を探しにいくと、光莉の携帯電話と真帆の結婚指輪が発見された。

 その頃、誰かがある部屋で経を上げ、遺影に手を合わせていた。位牌に刻まれた戒名は“簒奪院盗幸不和離苦信士”で、遺影には凌介が写っていた。

 放送終了後、SNS上には、「一星が凌介の実子なのかな。光莉が一星の母に会いに行ったとき、一星と異母兄妹であることを知った可能性もある」「サッカーコーチと近所のシンママが事件に関する秘密を隠していることは確か」「真帆が大学のマドンナで、親友2人が凌介をずっとねたんでいた説もあり得る」などの考察が投稿された。

 また、凌介の遺影が映る衝撃的なシーンにも反響が集まり、「凌介の戒名が不穏過ぎて怖い。意味的には、誰かの地位を奪い取り、幸せを盗み、不和を起こし、離れ苦しむって意味なのかな」「拝んでいたのは女性っぽかった。葬儀屋の生駒里奈か、妻の宮沢りえか? 相当な恨みを買っているな」などの感想が投稿された。

サッカーコーチ役の柿澤勇人(左)と真帆のママ友役の桜井ユキ (C)日本テレビ

 


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top