西島秀俊、岡田将生に「こんな純粋な人がいて大丈夫なのか…」 岡田「僕もう32です。10代とか20代じゃないです」

2021年8月20日 / 18:16

(左から)濱口竜介監督、西島秀俊、岡田将生  (C)エンタメOVO

 映画『ドライブ・マイ・カー』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、岡田将生と濱口竜介監督が登壇した。

 本作は、村上春樹氏の短編小説集『女のいない男たち』に収録された短編を映画化。西島は愛する妻を突然失った演出家の家福を、岡田は物語のキーパーソンとなる俳優の高槻を演じた。

 西島は「本当にうれしいです。撮影中は、みんなで1日丸々集中し続けて撮った作品なので、こうして皆さんに見ていただけて感無量です」とあいさつした。

 演出家を演じるに当たっては、「実際に幾つかの劇団にお邪魔して、演出家の方の話を聞き、参考にしました」と明かし、「濱口監督には『本気で演出をしてくれ』と言われたので、僕自身、『いい演技とは何か』と考えながら、(劇中の役者が)演技をする姿を見ていました」と役作りについて語った。

 そんな西島について、岡田は「どこか演出家として見ている部分があった」といい、「撮影で『カット』の声が掛かると、まず監督がどういう顔をしているのかチェックするのですが、その次は必ず西島さんをチラっと見て『僕の今の芝居は大丈夫だったかな?』と確認していました」と笑わせた。

 また、初共演となった岡田の印象を聞かれた西島は「本当に純粋な人。こんなに大人がいっぱいいる世界で、こんな純粋な人がいて大丈夫なのか…と思うぐらい」とコメント。これを聞いた岡田は「僕もう32です。10代とか20代じゃないです」と苦笑した。

 それでも西島は「心配になるよ。もちろん十分大人でタフな男性なんですが、どこか繊細でもろい部分を常に感じて。そこはずっと持ちながら、外側を強くして、両方持っていてもらえると、一ファンとしてはすごく幸せかな」と語った。


芸能ニュースNEWS

「ドクターX」“ドS秘書役”の結城モエ 米倉涼子に「プロという圧倒的なものを感じた」

ドラマ2021年10月27日

 米倉涼子が主演するドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に、“ドS秘書役”として出演している結城モエが、27日、東京都内で取材に応じた。  本作は、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、フリーランス外科医・大門未知子(米倉)の … 続きを読む

唐沢寿明、自宅でのビールは「寝る前に必ず」 「“一番搾り 糖質ゼロ男”です」

CM2021年10月27日

 「~これが私のおいしいビール!~『一番搾り 糖質ゼロ』早くも売上2億本!!生誕祭」発表会が27日、東京都内で行われ、俳優の唐沢寿明が登場した。  「一番搾り 糖質ゼロ」は販売数量が、約1年で累計2億本を突破。発売当初からCMキャラクターを … 続きを読む

令和版「東京ラブストーリー」“さとみ”石井杏奈の電話攻撃にイライラ感 「さとみさん、カンチとリカの邪魔しないで」

ドラマ2021年10月27日

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)の3話が、26日深夜に放送された。  本作は、1991年にフジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービス「FOD」な … 続きを読む

「ハンオシ」“百瀬”坂口健太郎の「ツンデレがたまらん」 「食テロ極まりない」“モモセバーガー”も話題に

ドラマ2021年10月27日

 清野菜名と坂口健太郎が出演するドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の第2話が、26日に放送された。  本作は、独身を満喫している27歳の大加戸明葉(清野)と、ある理由から“既婚者”の肩書が欲しい、広告代理店勤務のサラリーマン … 続きを読む

二宮和也「私服が中学生」 「おしゃれ、ファッション。何か賞を取ります」

CM2021年10月26日

 アダストリア「ドットエスティ」新CM発表会が26日、東京都内で行われ、嵐の二宮和也が出席した。  新CMは、「私服が中学生」と言われてへこんでいた二宮が、ドットエスティでおしゃれに「どっと変わった」ことを路上ライブで高らかに歌い上げ、観衆 … 続きを読む

amazon

page top