木村拓哉「もうタンゴはいい。“みたらし団子”でいい」 長澤まさみ「木村さんに宇宙旅行に連れて行ってほしい」

2021年9月18日 / 06:23

(左から)小日向文世、木村拓哉、長澤まさみ  (C)エンタメOVO

 映画『マスカレード・ナイト』公開初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。

 本作は、東野圭吾氏のミステリー小説シリーズを実写化した映画『マスカレード・ホテル』(19)の続編。破天荒な刑事・新田浩介(木村)と真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美(長澤)が、再びバディを組み、難事件に挑む。

 「もし木村さんに何でもお願いできるとすると?」と尋ねられた長澤は「宇宙旅行に連れて行ってほしいです。木村さんは、地球でできることは何でもできちゃうイメージがあるので、地球を出ないと」と答えた。

 木村は「僕が宇宙に行くときに、まさみちゃんに『行くよ』と連れて行って、『ほら、あれが月だよ』ってこと?」と笑いながら、「考えておきます」と返した。

 終盤には、司会者が東野氏からのコメントを紹介した。その中で、最大限の賛辞を送られた木村は「代読なのに、ちょっと鳥肌が2回ぐらい立ちました」と感激の面持ち。

 「次回作の参考にいたします」というメッセージには、「怖いですね。でも、負けずに前を向いてやっていけば、またこういうメンバーで、舞台あいさつができる日が来るんじゃないかな」と期待を口にした。

 また、本作でアルゼンチンタンゴに挑戦した木村は、東野氏の「次は何がいいでしょうか?」との問い掛けに、「普通に“みたらし団子”でいい。もうタンゴはいい。団子でいいです」と駄じゃれで答え、「今のはちょっと…。とっさに思いついただけなので」と照れた。

 だが、長澤が「なんか新鮮。もう一度言ってください」とねだると、木村は「タンゴはもういいかなと思うので、みたらし団子で」と応えて会場の笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

マツコ「朝はちゃんと白米を食べなきゃ駄目よ」 北海道の鈴木知事は「国政のお尻」

CM2021年10月18日

 令和3年度北海道米「新米発表会」が18日、東京都内で行われ、タレントのマツコ・デラックスが登場した。  新CMは、リアルなアニメーションで描かれたマツコが音楽に合わせてキレのいいダンスを披露する中、実写のマツコが現れ“一人合いの手”を入れ … 続きを読む

田中圭「ムキムキになり過ぎないように筋トレをしている」 心が休まるアイテムは「オーダメード枕」

CM2021年10月18日

 山形米「雪若丸」新CM発表会が18日、オンラインで行われ、俳優の田中圭が出席した。  「雪若丸」のイメージキャラクターを務めて4年目となる田中は、「CM撮影の日が毎年楽しみ。この日は、朝ご飯は食べずに行くのですが、撮影でたらふく食べられる … 続きを読む

「真犯人フラグ」第2話 犯人予想の考察が過熱 「田中哲司と迫田孝也が演じる友人も怪しい」

ドラマ2021年10月18日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまった真面目なサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰 … 続きを読む

「二月の勝者」“黒木”柳楽優弥が「最高だった」 「中学受験に関する名言が刺さりまくった」

ドラマ2021年10月18日

 柳楽優弥が主演するドラマ「二月の勝者」(日本テレビ系)の初回が16日に放送された。  本作は、激変する受験界に舞い降りた最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽)の姿を描く、中学受験を舞台にした人生攻略ドラマ。(※以下、ネタバレあり) … 続きを読む

「日本沈没」第2話「世界観に浸ってしまった」 関東沈没シミュレーションに「怖い」と衝撃

ドラマ2021年10月18日

 小栗旬が主演するドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第2話が、17日に放送された。  本作は、1973年に刊行された小松左京の原作をアレンジしてドラマ化。日本沈没という未曽有の事態に立ち向かう環境省の官僚・天海啓示(小栗)らの姿 … 続きを読む

amazon

page top