「推しの王子様」ディーン・フジオカの“内助の功”に反響 「イケメン副社長のおディーン様が超最高で尊い」

2021年7月30日 / 12:39

社長役の比嘉愛未と副社長役のディーン・フジオカ (C)フジテレビ

 比嘉愛未が主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)の第3話が、29日に放送された。

 本作は、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛けるベンチャー企業の社長・日高泉美(比嘉)が、フリーターの五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるために奮闘する姿を描くロマンチックコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 泉美たち「ペガサス・インク」は、新作乙女ゲームの開発に向けて、水嶋十蔵(船越英一郎)が率いる「ランタン・ホールディングス」に出資を持ち掛け、企画書を提出した。

 後日、企画書のブラッシュアップを提案された泉美は、スタッフに企画書を作り直すように指示をするが、航は会議中に居眠りを始め、そのまま会議室で眠っているという。

 航が、ほかのスタッフが話している専門用語を理解できず、用語集を読んで勉強しようとしたものの、苦戦していることを知った泉美は、ITの専門用語集や小説などを渡し、感想を書いて提出するように命じる。

 その後も、泉美たちは先方の要望を盛り込む工夫を続け、何とか最終プレゼン用の企画書をまとめて提出するが、ランタン側からさらにむちゃな注文が届く。

 放送終了後、SNS上には、「航くん、敬語も覚えてきて成長が素晴らしい。最後もナイスアシストだったね」「比嘉愛未が美し過ぎて心を持っていかれる。地に足がついたお仕事コメディーって感じで楽しい」「お仕事ドラマの要素も面白い。クライアントからの要望変更のくだりがあるある過ぎた」などの感想が投稿された。

 また、泉美に片思いをしている副社長の光井(ディーン・フジオカ)に関するコメントも多く上がり、「私は、絶対にディーン様推し。仕事ができて副社長でイケメンで性格良し、推しが過ぎる」「ディーン・フジオカの比嘉愛未へのさりげない内助の功がすてき」「おディーン様が超最高で尊い。早く泉美に仕掛けてほしい」などの反響が寄せられた。

副社長の光井倫久を演じるディーン・フジオカ (C)フジテレビ

 


芸能ニュースNEWS

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

「366日」“莉子”長濱ねるを守る“智也”坂東龍汰に絶賛の嵐 「智也、男を見せたな」「今日は智也が主役だ~っ!」

ドラマ2024年5月21日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  雪平明日香(広瀬)は、高校時代以降の記憶を取り戻すことのない水野遥斗(眞栄田郷敦)に寄り添いながら、クラリネット講師の道を歩 … 続きを読む

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

Willfriends

page top