松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

2020年3月24日 / 16:34

40代の独身女性を演じた松雪泰子

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。

 お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松雪が佳子に扮(ふん)し、同僚の“若林ちゃん”を黒木、佳子が好意を寄せる“岡本くん”を清水が演じた。

 松雪は、オファーを受けたときの心境を問われると、「本当にうれしかった。じろうさんの言葉が本当に美しくて。なんて詩的でユーモアがあって、面白いんだろうと。読むだけで作品に没入できるような、すてきな本だったので“ぜひ”という感じでした」と答えた。

 以前から原作を知っていたという黒木は「天使と言われるような子の役なので、大丈夫かなって。でも松雪さんとは何度か舞台でご一緒しているので、佳子を明るくすることができたら、と思いながら演じました。すごくテンポが心地よくて、やっていて楽しかったです」と笑顔で振り返った。

 また、演じる上で意識したことを問われた黒木は「私の邪気が見えないように。ちょっと大げさな動きなどもあるのですが、それがわざとらしく見えないように気を付けました」と苦笑。

 これを聞いた松雪は「(邪気なんて)ないでしょ? 本当に天使だった。華ちゃんはいい意味ですごく強くて、美しい。華ちゃんの持っている一番ピュアでかわいいところが若林ちゃんにぴったり。癒やしでしかない」と絶賛した。

 一方、清水は「相手が松雪さんだと聞いたときに、一気に緊張が走りました。光栄なことなのですが、『松雪泰子さんと言いました?』とマネジャーさんに確認しちゃいました」と告白。

 松雪が「ふた回り以上離れていますからね」とつぶやくと、清水は「恋愛に年齢は関係ないですから!」と力強い言葉で返した。

 映画は4月10日から公開。

(左から)清水尋也、松雪泰子、黒木華


芸能ニュースNEWS

「新宿野戦病院」「英語と岡山弁混ぜてしゃべっていい日本人は藤井風だけ」「俺を誰だと思ってるんだ、俺だぜ」

ドラマ2024年7月25日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第4話が、24日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「西園寺さんは家事をしない」 “西園寺”松本若菜と“楠見”松村北斗が“偽家族”の検証へ 「一瞬でキュンに持っていく松村北斗すごい」

ドラマ2024年7月24日

  松本若菜が主演するドラマ「西園寺さんは家事をしない」(TBS系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、徹底して家事をしない主人公・西園寺一妃(松本)と年下の訳ありシングルファーザー&その娘の風変わりな同居 … 続きを読む

「あの子の子ども」妊娠発覚後の“宝”細田佳央太の対応が「いい男過ぎる」 「『海のはじまり』の弥生の元カレとの差がすごい」

ドラマ2024年7月24日

 桜田ひよりが主演するドラマ「あの子の子ども」(カンテレ・フジテレビ系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校2年生カップル・川上福(桜田)と月島宝(細田佳 … 続きを読む

内田理央、美しき悪女役に危機感「ダイエットをしなくては…」 松井玲奈、役柄との共通点は「理央ちゃんをすごく好きなところ」

ドラマ2024年7月24日

 ドラマ「嗤う淑女」で主演を務める内田理央と共演の松井玲奈が取材に応じ、ドラマの見どころや役作りについて語った。  本作は、“どんでん返しの帝王”と呼ばれる作家・中山七里氏の人気シリーズ『嗤う淑女』を実写化。美貌と天才的な話術をもつ希代の悪 … 続きを読む

「マウンテンドクター」”江森”大森南朋の口止め疑惑の真相が明らかに 「どちらもあの子を助けるための優しさ」

ドラマ2024年7月23日

 杉野遥亮が主演するドラマ「マウンテンドクター」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師・宮本歩(杉野)が、さまざまな思いを抱えた患者や医療従事者たちと触れ合い … 続きを読む

Willfriends

page top