黒木華「未來さんが色っぽい」 森山未來「プロポーズシーンは難しかった」

2019年12月4日 / 16:35

黒木華(左)と森山未來

 土曜ドラマ「みをつくし料理帖スペシャル」の試写会が4日、東京都内で行われ、出演者の黒木華と森山未來が出席した。

 本作は、2017年に放送された「みをつくし料理帖」の続編。艱難(かんなん)辛苦に遭いながら、女性料理人として、細腕一本で夢を実現していく澪(黒木)が主人公。続編では、澪の思い人・小松原(森山)との気になる恋の行方などが描かれる。 

 黒木は「私の周りでも『澪ちゃんをまた見たい』と言ってくださる方がとても多かった」と笑顔で明かし、「料理も久しぶりなので、『大丈夫かな』とは思ったのですが、引き続き(料理監修の)柳原(尚之)先生が、おいしい料理を作ってくださった。それがこの作品の肝でもあるので、皆さまにも、その味やにおいが伝われば。また料理だけでなく、女性の恋の部分も楽しんでいただければ」と見どころを語った。

 森山は「恋物語とはいえ、時代も時代なので、お互いにいろいろ(心に)秘めつつ、距離が近づいては離れ…。現代の人からいうと、ウゥーッという(もどかしい)感じがあるかもしれませんが、それも楽しんでいただけたら」とアピールした。

 劇中では澪へのプロポーズシーンも描かれるが、「難しかったです。基本的に小松原は自分から何かを言ったりしない人。『どうなんだ、おまえ』みたいに上から目線で吹っかけるキャラクターなので、初めて自分から言い出す(プロポーズの)シーンでは、タイミングなどを、監督とすごく考えた記憶があります」と苦笑した。

 一方、小松原の印象を聞かれた黒木は「たいそう色気がありまして、会うたびにすてきだなって思います。粋で格好いい。未來さんが色っぽいので、それがより小松原という人物を魅力的にしていると思います」とほほ笑んだ。

 ドラマはNHK総合テレビで12月14日(前編)と21日(後編)の午後9時から放送。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top