成田凌「ナリッチに終止符を打たなきゃ」 周防正行監督「今でも同級生から『周防くん』と呼ばれる」

2019年12月24日 / 14:54

活動弁士を演じた成田凌

 映画『カツベン!』のお客さま御礼舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、黒島結菜と周防正行監督が登壇した。

 本作は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士(通称カツベン)たちの成長と活躍を描く。

 公開から10日が過ぎ、主演の成田は「珍しく友達がたくさん見てくれているし、キャスティングをしているある方から『隣で笑い転げている老夫婦がいた。最高のデートムービーだな』と言われたのが印象的でした。街でも声を掛けられるようになった」と話し、自信を深めた様子。

 一方、黒島は「私はまだ街で声を掛けられたことがないので頑張ります」とこぼした。それでも「友人やこれまでお仕事をした方からも連絡を頂き、『たくさん笑って感動した』と言ってもらえたので、楽しんでいただけていると実感しました」と語った。

 周防監督は、大学の同級生の女性から手紙が届いたことを明かし、「『いつもは構えて見るのに、周防くんの映画であることを忘れて最後まで見ちゃった』と書いてあったのがうれしかった。でも、同級生だからしようがないけれど、『周防くん」と呼ぶのはどうにかならないかと思った」と苦笑交じりに話した。

 すると、成田が「僕のことをナリッチと呼ぶ友人がいるので、それは一生続くかもしれません。どこかで終止符を打たなきゃと今思った」と表明。しかし、会場から早速「ナリッチ」のコールが掛かり、「余計なこと言っちゃった」と自嘲気味に話した。

 最後は、周防監督と俳優2人が感謝を込めて互いに花束を交換した。成田は「監督は、前情報なしで見てもらえる前提で作ったので、ただただ楽しんで」とアピール。黒島は「役が決まっても自信がなかったけれど、このタイミングで出合えたことで、自分のこれからの人生が変わるきっかけになりました」と語った。

(左から)周防正行監督、成田凌、黒島結菜


芸能ニュースNEWS

志村けんさん、新型コロナウイルスによる肺炎で死去 70歳。多くのバラエティー番組で活躍

ニュース2020年3月30日

 「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(本名志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で死去した。70歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行う。    志村さん … 続きを読む

ゆきぽよ、写真集の見どころは「プリプリのお尻」 「田中みな実さんと“どんぐりの背比べ”をしたい」

イベント2020年3月30日

 生配信イベント「ゆきぽよの“めっかわ”ギャル祭り!」が27日、東京都内で行われ、モデルの“ゆきぽよ”こと木村有希が出席。囲み取材で、自身2冊目となる写真集『Yukipoyogram 02 ゆきぽよ写真集』について語った。  “大人SEXY … 続きを読む

テニミュの広告がSHIBUYA109に 阿久津仁愛「こっそり撮影しました」

音楽2020年3月30日

 ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(以下、ドリライ)の開催を記念し、SHIBUYA109にシリンダー広告が掲出されたことを受けて、主人公・越前リョーマを演じる阿久津仁愛が取材に応じた。  ドリライは、 … 続きを読む

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top