羽鳥慎一「日本アカデミー賞」の司会に決定 「うれしさとともにプレッシャーに襲われた」

2020年1月15日 / 17:08

羽鳥慎一(左)と安藤サクラ

 「第43回 日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見」が15日、東京都内で行われ、正賞15部門の各優秀賞や、新人俳優賞などが発表された。男性司会者は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一、女性司会者は前回『万引き家族』で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラが務める。

 「最優秀作品賞」の選出候補となる「優秀作品賞」に選ばれたのは、『キングダム』『新聞記者』『翔んで埼玉』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』『蜜蜂と遠雷』の5作品。

 2014年から6年連続で司会を務めた西田敏行からバトンを受け取る形となった羽鳥は、日本テレビ時代に、同授賞式でのインタビュアーを何度か経験している。

 「私の仕事の担当枠として、実は俳優さんとお会いする機会があまりなくて(過去の)授賞式では非常に緊張した覚えがあります。なので、今回お話を頂いたときはうれしさとともにプレッシャーに襲われまして、今も非常に複雑な思いです」と率直な思いを語った。

 とはいえ「映画は非常に好きでよく見ている」といい、「(当日は)たくさんの笑顔で包まれる式となるよう、微力でありますが貢献させていただけたら」と意気込みのコメントを。

 「以前担当したときは、俳優の皆さん、口数が少なめで正直大変でしたが(今回は)リラックスした俳優さんのコメントを引き出したい」とし、「先程資料で優秀助演男優賞の中に、岡村隆史という文字を見つけてすごく安心したので、ここを一つ“休憩場所”にして、あとは緊張感の中、頑張っていきたい」と笑わせた。

 安藤は、第40回授賞式でも司会を担当した。「初めての司会のときは『なんて特別な時間なんだ』『これは特等席だな』と思いながらやらせていただいた。2回目だからと気が緩まないよう、より緊張感を持って、受賞者の方にとって、すてきな時間となることを一番に考えてやらせていただきます」と言葉に力を込めた。

 授賞式は3月6日に開催。


芸能ニュースNEWS

「ボス恋」玉森裕太の“子犬顔”に「かわい過ぎ」 「俺のこと好き?」がトレンド入り

ドラマ2021年1月20日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第2話が、19日に放送された。  本作は、ファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公の鈴木奈未(上白石)が、鬼編集長の宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事 … 続きを読む

田中圭が土屋太鳳の物まねを披露 土屋「うまいです」

映画2021年1月20日

 映画『哀愁しんでれら』完成報告会が19日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、田中圭、COCO、石橋凌と渡部亮平監督が登壇した。  本作は、「ただ幸せになりたい」と願う真面目な女性(土屋)が、社会を揺るがすような凶悪事件を起こすまでを描い … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介「4時間で行くから」に 「最高過ぎてほれる」

ドラマ2021年1月19日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第10話が、18日に放送された。  朝顔(上野)の働く法医学教室に、緊急で2体の焼死体の解剖依頼が入った。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)が通う保育園に延長保育を頼み、光 … 続きを読む

松坂桃李、結婚発表後初の公の場に登場 独身時と比べて「健康をより一層大事に」

映画2021年1月19日

 映画『あの頃。』完成報告会見が18日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウと今泉力哉監督が登壇した。  本作は、ハロプロオタクの笑いと涙の日々を描いた青春群像劇。松坂はある日、松浦亜弥 … 続きを読む

山田孝之、主演ミュージカル開幕に気合十分 「嫌なことは忘れて、とにかく笑って」

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」の開幕直前取材が17日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、新妻聖子ほかが登壇した。  本作は、イギリスの人気コメディーグループ“モンティ・パイソン”の大ヒ … 続きを読む

page top