三谷幸喜、大河主演の小栗旬に期待 「最高視聴率を更新したい」

2020年1月8日 / 19:07

脚本を担当する三谷幸喜氏(左)

 NHKは8日、東京都内の同局で会見を行い、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に、小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時役で主演することを発表した。脚本は、「新選組!」「真田丸」に続き、3度目の大河ドラマとなる三谷幸喜氏が担当する。

 会見に登場した三谷氏は「2度あることは3度ある。脚本の三谷幸喜です」と笑顔であいさつ。その後、義時を主人公に選んだ理由、当時の人物関係図などをホワイトボードを使って解説し、報道陣を沸かせた。

 小栗は、米国滞在中のため会見は欠席したが、文書でコメントを発表した。三谷氏は「小栗さんの演じる大河は“大河ファン”である僕がまず見たかった。役をつかむのがうまく、芝居にうそのない方。義時という人物は、ただただ強くて格好いい、優しい、そんなヒーローではない。すごく人間的なずるい部分もあり、酸いも甘いもかみ砕いた男なので、それを小栗さんにやっていただくのがとても楽しみです」と期待を口にした。

 また、主演に決まった日に小栗から携帯電話に着信があったことも告白。「海外の番号で、掛け直したら小栗さんだった。そのときは『お互いの新しい代表作にしましょう』と話しました」と明かした。

 目標とする視聴率を問われると、「最低視聴率を更新しないこと」と冗談めかしながらも、「正直なことを言うと、あんまり僕は数字にはこだわっていない。面白いものを作ることが僕らの使命なので。ただ、どんなに僕らが力を込めて作っても、もし仮に誰も見なければ、それは存在していないのと同じ。だとすれば少しでも多くの方に見てもらいたい。本当の気持ちとしては、最高視聴率を更新したいとさえ思っています」と真剣に語った。

 締めのあいさつでは、「オファーを受ける俳優さんに言いたいのが、もし『俺、ちょっとやばいかな』『俺、すねに傷持っているかな』と思う人がいたらぜひ断ってください。みんな切に思っている。『何で引き受けるんだ』ってね」と語って笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

「#リモラブ」波瑠と間宮祥太朗のデートに反響 「2人が初々しくて、胸キュンがすごい」

ドラマ2020年10月29日

 波瑠が主演するドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)の第3話が、28日に放送された。  本作は、恋愛をさぼってきた“おひとりさま”の産業医・大桜美々(波瑠)が、SNS上で知り合った顔も名前も分からない相手「檸檬(れもん) … 続きを読む

page top