戸塚祥太、カウコン後にメンバーと初詣 「最高のスタートダッシュが切れた」

2020年1月8日 / 21:35

福田悠太(左)と戸塚祥太

 舞台「阿呆浪士」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C―Z)、福田悠太(ふぉ~ゆ~)、小倉久寛、演出を担当するラサール石井が登壇した。

 本作は、赤穂浪士の物語を喜劇作家・鈴木聡氏が「巨大な落語」として喜劇に仕上げた作品。魚屋の八(戸塚)が、ひょんな取り違いから手に入れた赤穂浪士の血判状のせいで討ち入りに向かうことになってしまうという、あほうな男たちの生きざまを描く。

 コメディー作品初挑戦の戸塚は「酒に女にだらしない、野暮なことを貫き通して生きているやつです。こういう役をやらせていただける機会はあまりないと思うので、とことん楽しんでやらせていただきます」と語った。

 また、演出のラサールは、赤穂浪士の一人である田中貞四郎を演じる福田が、わずか1週間の稽古で本番に臨むことを明かし、「ジャニーズは本当に忙しい。でも、せりふも動きも(最初に稽古に合流したときから)完璧でした」と福田のプロ意識を絶賛した。

 また、正月をどう過ごしたかを聞かれた戸塚は「実家に帰り、母のお節やお雑煮を食べました」と笑顔を見せた。さらに A.B.C―Zのメンバーとは、ジャニーズのカウントダウンコンサート後に初詣に行ったそうで、「2020年はこの作品で最高のスタートダッシュが切れたので、お客さまにも、この舞台で最高の幕開けをしてもらいたいです」と呼びかけた。

 一方、福田は「おいっこたちにお年玉を配りました。うちの兄貴がいくら包んだのか聞いて、それよりちょっと多めに入れさせていただきました」と満足そうに語った。

 舞台は24日まで都内・新国立劇場 中劇場ほか、大阪で上演。

(左から)ラサール石井、福田悠太、戸塚祥太、小倉久寛


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top