戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

2019年5月25日 / 17:38

戸塚祥太(左)と加藤和樹

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。

 本作は、20世紀を代表するロックバンド、ザ・ビートルズの、独ハンブルクで巡業をしていた若き日々を描いた伝記映画『BACKBEAT』(94)を、イアン・ソフトリー監督自らが舞台化した作品。

 ビートルズが5人編成だった当時のベーシストのスチュアート・サトクリフを戸塚が、彼の学生時代からの親友だったジョン・レノンを加藤が演じ、ジョージ・ハリスンを辰巳、ポール・マッカートニーをJUON、ピート・ベストを上口がそれぞれ演じる。

 開幕を目前に控え、戸塚は「準備万端です。バッチリです」とにっこり。「僕たち、スタッフさんから呼ばれるときは、『ビートルズの皆さん』と呼ばれるんです。すごく気分がいい。成り切らせていただいています」と胸を張った。辰巳も「これが令和のビートルズです」とノリノリで話して笑わせた。

 一方、楽器演奏に関しては、当初はかなり不安があったという。一からベースを練習した戸塚は「最初は絶望ぐらいからスタートしたと言っても過言ではない」と苦笑した。

 辰巳も「ほぼギターが弾けない状態から始まった。初めて(演出の)石丸さんの前で披露したときは『おまえ、マジか…』みたいな顔で。そこから1日8時間ぐらいは練習してここまできました」と振り返った。

 そんなキャストたちだが、今年2月に全員がそろって音合わせをしてからは急激に成長したという。辰巳は「今は自信を持って弾ける」といい、「まずはここ(舞台)に見に来てもらいたいけど、その後はこのバンドで全国各地を回りたい」と“ツアー”にも意欲を示した。戸塚も「千秋楽までロックで駆け抜けていきたい」と言葉に力を込めた。

 舞台は25日~6月9日、都内・東京芸術劇場 プレイハウスで上演。その後、兵庫、愛知、神奈川公演を予定。

舞台「BACKBEAT」囲み取材の出席者たち


芸能ニュースNEWS

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

amazon

page top