寺尾聰「何だか知らないけど、向井理が好き」 「これだけクールに侍を演じる人はいない」

2019年12月13日 / 15:49

向井理(左)と寺尾聰

 正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP~天空の鷹~」の試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の向井理と寺尾聰が出席した。

 本作は、2018年に放送され、好評を博した土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」の続編スペシャル。市兵衛(向井)の今度のあるじは息子の死の真相を探る老侍(寺尾)。そこには莫大(ばくだい)な借財をめぐる藩ぐるみの陰謀があった…というストーリー。

 剣の達人ながら、そろばんの知識を生かし、渡り用人として自由に生きる市兵衛役の向井は「今回は立ち回りもパワーアップしている。相変わらず難しいそろばんに悩まされたりもしたけれど、乗り越えることができた。正月にふさわしい時代劇になったと思う」とアピールした。

 一方、寺尾は「誰が主役をやるかが大事。今回は『向井くんがいる』ということで、最終的にやりたいと思った」と告白。向井とは2度目の共演だが、「ギラギラした感じの俳優が多い中、彼と同じ世代の日本の俳優で、これだけクールに涼しく、なおかつスマートに侍を演じてくれる人はそうはいない」と絶賛した。

 また、寺尾は「向井とは落ち着いて芝居を作っていける、相性がいい。こういうのは理屈じゃない。いろんな先輩後輩とやってきたが、素晴らしい俳優さんと向き合ったからといって、必ずしもうまくいくとは限らない。相性は一番大事。何だか知らないけど、向井が好きなんだよね」と語ってほほ笑んだ。

 向井は「光栄です」と照れながらも、「寺尾さんは、居ずまいで役柄を成立させる方。せりふ回しがスムーズだとかではなく、醸し出す雰囲気で役柄に引き寄せるというか…。僕のようなキャリアではできないことで、これまでの生き方、人間力がもろに出るもの。今回の作品も寺尾さんがいなければ存在していなかったと思う」と、尊敬の思いを口にした。

 ドラマは2020年1月3日、NHK総合、BS4Kで午後9時から放送。


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top