芳根京子「私の中では『2日間戦争』でした」 北村匠海「僕にとっては『2日間感激』でした」

2019年11月20日 / 14:31

北村匠海(左)と芳根京子

 映画『ぼくらの7日間戦争』完成報告&ヒット祈願イベントが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、芳根京子、鈴木達央と村野佑太監督が出席した。

 本作は、宗田理氏のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』の舞台を、2020年に移してアニメーション映画化したもの。原作は1988年に宮沢りえの映画デビュー作として実写化され、話題を呼んだ。

 主人公の鈴原守を演じた北村は「僕は小学生のときに、図書館でこの小説に出会いました。当時、先生や親に対してどこかモヤモヤしている気持ちを代弁してくれるような作品だな、と感じていたけれど、小学生だった僕が勇気をもらったように、今の学生や10代の皆さんにこの作品が届けば」とアピールした。

 鈴原の幼なじみの千代野綾役の芳根は「歴史のある、たくさんの人に愛されている作品に携われてうれしい。たくさんの方に楽しんでもらえたら」と語った。

 W主演の2人はこれが初共演。アフレコ収録を振り返った芳根は「北村さんとは、本当に支え合いました」としみじみ。また「(プロの)声優の方々にも本当に救われました。普段の芝居とは違う現場の中で、私がちょっと悩むと、すぐにそれを感じ取ってフォローしてくださった。2日間の収録だったので、私の中では『2日間戦争だ』と思いながらやっていたのですが、皆さんの力で乗り越えることができました」と感謝を述べた。

 一方“大のアニメ好き”で知られる北村は、現場でも「あの声(の担当)なんですよね?」と、声優の鈴木に大興奮だったことを告白。さらにスタジオの食堂で、大好きなアニメ作品の主役と遭遇したエピソードが明かされると、「現場ではずっと感動していました。僕にとっては『2日間感激』でした」と振り返った。

 映画は12月13日から全国ロードショー。

(左から)鈴木達央、北村匠海、芳根京子、村野佑太監督


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top