ウィル・スミス、日本のファンの歓迎に感謝 若き自分のクローン映像は「美しいショック」

2019年10月18日 / 14:44

今年2度目の来日となったウィル・スミス

 映画『ジェミニマン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが17日、東京都内で行われ、主演のウィル・スミス、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登場した。

 本作は、史上最強の暗殺者ヘンリー(ウィル)と、23歳のヘンリー自身のクローンとの対決を軸に展開する近未来アクション。

 ファンの歓声に迎えられたスミスは「皆さん、こんばんは。今回が10回目の来日。毎回毎回どんどん楽しくなる」と笑顔であいさつした。

 100パーセントCGIで生み出された“23歳の自分(ジュニア)”と共演した感想については、「本当に奇妙な感じ。演技をしているときは、相手はスタントマンだったり、何もない空間だったんだけど、それから8カ月後に、初めてそのキャラクターを(映像で)見たときは美しいショックだった」と回顧。

 一人二役を演じたことについては、「若い頃のジュニアを演じるに当たっては、純粋無垢(むく)な感じ、無邪気さを出すのが一番大変だった」と明かした。

 リー監督は「今回は、いろんな映像技術を使って未踏の地に踏み込んだ。若き日のウィルは500人のアーティストが2年がかりで作ったんです。とても挑戦的であると同時に、非常にワクワクする体験でした」とコメントした。

 イベント中盤には、日本語吹き替え版の声優を務めた菅野美穂、山寺宏一、江原正士も駆け付け、スミスを歓迎した。

 現在のスミスの声を担当した江原が「僕が今まで演じた中で一番渋くて重いウィル・スミスさんでした」と語ると、若き日のスミスを担当した山寺は「今回は(『アラジン』とは違い)歌はなかったけど、繊細なお芝居を心掛けました」と語った。

 最後にスミスは「この映画で僕の夢がかなったと言ってもいい。20年ぐらいずっとアン・リー監督と仕事がしたいと思っていたんだ。本当に光栄だよ。皆さん、ぜひ映画を楽しんで」と呼び掛けた。

 映画は10月25日から全国ロードショー。

(左から)山寺宏一、江原正士、菅野美穂、ウィル・スミス、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top