北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

2019年10月11日 / 20:40

2年ぶりに舞台に出演する北山宏光

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。

 本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望の暴走」や「倫理の危うさ」といった、普遍的な問題を描いた衝撃作。

 2017年の「あんちゃん」以来2年ぶりの舞台出演となる北山は「また舞台に戻って来ることができてうれしいです」と感慨深げな様子。大先輩たちに囲まれての芝居となるが、「現場では頼ってばっかりです」と笑顔を見せた。

 北山が演じるのは、欲望渦巻くネット上の仮想空間の捜査官役。北山は「台本が難しい。(せりふの)捉え方によって全然意味が変わってくる。みんなで何度も話し合いながら(解釈を)導いていった感じです」と稽古の様子を振り返った。

 その中で、「梅雀さんから“ちゃんとした日本語”のイントネーションを教わった」とも語った北山。自身のせりふを梅雀に読んでもらい、それを「もらっていいですか?」と、機器に録音したという。

 北山が「全部で7シーンぐらい。梅雀さんの声を夜な夜な聞きながらやっています。だんだん落語っぽく聞こえてくるんです」と明かすと、梅雀も「(捜査官の北山が)レポートを読む場面。長文の説明なのでちゃんと(観客に)伝わらなきゃいけないからね」と語った。

 台風19号の接近に伴い、明日12日の公演は中止が決定。20日に振り替え公演が予定されている。北山は「皆さまの安全のため、なるべく早く判断しようと昨日の段階でジャッジさせてもらいました」と経緯を説明。舞台の見どころについては「ネタバレを伏せて言うのは難しいけれど、いろんな意味での三角関係が描かれてます」とアピールした。

 舞台は11日~11月2日、都内・東京グローブ座、11月7日~10日、大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

(左から)シライケイタ、平田満、北山宏光、中村梅雀


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top