横浜流星「感情をあまり出さず、抑え込むタイプ」 共演者も「陰と陽の二面性を持っている」と指摘

2019年8月13日 / 08:28

(左から)松岡広大、黒羽麻璃央、横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香

 映画『いなくなれ、群青』の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央と柳明菜監督ほかが登壇した。

 本作は、河野裕氏の同名ミステリー小説を映画化。捨てられた者たちが住む階段島の人々は、自分がなぜこの島に来たのか誰も知らない。そのことに疑問を抱くことのなかった七草(横浜)だったが、幼なじみの真辺(飯豊)は「納得できない」と憤慨する。

 「七草は悲観主義者、真辺は理想主義者として描かれるが、自分はどっち?」と尋ねられた横浜は「どちらの要素も持っているけど、近いのは七草かな。僕も感情をあまり表に出さずに抑え込むタイプなので」と自己分析した。

 一方、飯豊は「私は悲観主義ではないかな。こう思えばこうなる、と信じているタイプ。(劇中のせりふに)『目標を口に出すことは間違っていない』とありましたが、私も本当にそう思っています」と答えた。

 また、劇中で同級生を演じた横浜、飯豊、矢作、松岡の4人は、実生活でも同じ高校の同級生だったという事実が明かされた。

 「当時どんな学生だったか?」と尋ねられた飯豊は「正義感みたいなのは割と強い方だった。誰かが『牛乳が飲めない』と言うと(代わりに)飲んでいました」と回顧。

 すかさず矢作が「前に一緒に食事したとき、私が残しちゃうと、まりえが『食べてあげる』と言って全部食べてくれました」と、エピソードを披露した。

 さらに矢作は、クラスメートだった横浜について「楽しそうなときと、りんとしているときがある。陽と陰の二面性がある」などと指摘。横浜が「はい、僕は二面性を持っています」と笑うと、松岡が「流星くんは、温泉に入るとすごい笑顔になるんですよ」と、情報を付け加えた。

 映画は9月6日から公開。

映画『いなくなれ、群青』完成披露試写会の登壇者たち


芸能ニュースNEWS

小瀧望、主演ドラマでキモかわいいに挑戦 「見事にハマってました」

ドラマ2019年10月21日

 よるドラ「決してマネしないでください。」試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の小瀧望(ジャニーズWEST)、馬場ふみか、ラウール(Snow Man、ジャニーズJr.)が出席した。  本作は、科学好きで恋愛経験ゼロの掛田くん(小瀧)が、 … 続きを読む

武田玲奈「理想の男性像は包容力があって優しい人」 「今後はお芝居メーンで頑張りたい」

トレンド2019年10月21日

 ロゼット洗顔パスタ“90周年”記念プレスイベントが21日、東京都内で行われ、女優の武田玲奈が登場した。 続きを読む

和久井映見「こんなにせりふを話したことは今までなかった」 谷原章介「僕の実人生にリンクしている内容」

舞台・ミュージカル2019年10月21日

 舞台「不機嫌な女神たち プラス1」の公開舞台稽古と舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介が登壇した。  本作は、女性3人と男性1人だけで繰り広げる、かわいい大人たちのほろ苦い日常を、豪華 … 続きを読む

井上小百合、卒業発表直後の舞台に「ご縁を感じた」 フラダンスの稽古は「びっくりするぐらいしんどい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 舞台「フラガール-dance for smile-」の公開舞台稽古が18日、東京都内で行われ、稽古前に出演者の井上小百合(乃木坂46)、矢島舞美、富田望生、太田奈緒(AKB48)、福島雪菜(劇団4ドル50セント)ほかが囲み取材に応じた。 続きを読む

ウィル・スミス、日本のファンの歓迎に感謝 若き自分のクローン映像は「美しいショック」

映画2019年10月18日

 映画『ジェミニマン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが17日、東京都内で行われ、主演のウィル・スミス、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登場した。  本作は、史上最強の暗殺者ヘンリー(ウィル)と、23歳 … 続きを読む

page top