前田敦子、アカペラ歌唱シーンの撮影で緊張 加瀬亮の“見学”が「プレッシャーになった」

2019年6月4日 / 15:07

ウズベキスタンでの撮影を振り返った前田敦子

 映画『旅のおわり世界のはじまり』完成披露試写会が3日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、柄本時生と黒沢清監督が登壇した。

 本作は“舞台で歌う”という夢を胸に秘めたテレビリポーターの主人公(前田)が、番組クルーと取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国でのさまざまな出会いによって成長していく姿を描く。

 自宅で膝の靭帯(じんたい)を負傷し、先月7日に行われた映画イベントを欠席した前田。この日は元気な姿で登場した。司会者から具合を聞かれると、「いい感じなんですけど、ご迷惑をお掛けしました」と笑顔を見せ、回復をアピールした。

 本作は、同国で約1カ月の長期ロケを実施した。前田は、オファーを受けるまでは「ウズベキスタンという名前も実は知らなかったけど、知らないからこそ全てが楽しかった。いい思い出しかない」と語った。

 現地では「ご飯会のときにトイレに行こうと思って外に出たら、おじさまに何か言われているけど、何も分からなくて。(他の人に)来てもらったら、『結婚してほしいって言っているよ』って。向こうの男性は“かわいい=結婚してくれ”ってなるみたい」と驚きのエピソードも明かした。

 劇中では、エディット・ピアフの名曲「愛の讃歌」の歌唱にも挑戦した。標高2443メートルの山頂で、同曲のアカペラを披露する場面もあり、「約3カ月のボイストレーニング」を積んで本番に臨んだという前田は、「私的にうわっと思ったのが、(撮影が休みだった)加瀬さんが撮影を見に来てくれたこと。それがプレッシャーで“なんでこの人、来ているんだろう”と思ったけど、そんなこと言えないし…」と苦笑交じりに振り返った。

 加瀬が「単純に歌を聞いてみたいなと思って。本当にすみません」と頭をかくと、前田は「嫌なお客さんがいました」とふくれて見せて笑いを誘った。

 映画は6月14日から全国公開。

(左から)柄本時生、前田敦子、加瀬亮、黒沢清監督


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top