田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

2019年3月23日 / 14:04

執筆活動に興味を示した田中圭

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。

 本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タカコ(黒川)が、婚活に励む姿を描いた人間ドラマ。

 婚活にちなみ「今後やってみたい、○○活」を聞かれた中村は「僕は“育活”ですかね。盆栽をやってみたい」と回答した。

 黒川から「いよいよ未婚のままじゃない?」と“独身あるある”を指摘されると、中村は「自分でも『だから結婚できないんだ』と最近思う。婚期が遅れる要素をいっぱい持っている。ペットも大好きだし、家事もやっちゃうし」と苦笑した。

 一方、田中は「やはり執筆活動ですかね。今はやっていないけど、ゆくゆくは脚本家になって…」とそれらしくコメント。しかし周囲からは「目が笑っている」「心がこもってない」などと、信じてもらえなかった。

 笑いながら冗談半分であることを認めた田中は「でもゼロから物事を生み出す人ってすごいなって尊敬している。だから執筆じゃなくても、何かはやってみたいとずっと思っていて」と明かしたが、最後は「結局やらないんですけどね…」とつぶやいた。

 また、非モテ系男子の園木を演じた中村は「物足りないかもしれないけど、世の女性には、ぜひこういう人(園木)に恋をしてほしい」とアピール。女性慣れしたバツイチ歯科医を演じた田中を指差し「駄目ですよ。ああいう悪い男は」と忠告した。

 とはいえ「女性の恋愛相談を聞いていると、結局刺激が好きじゃないですか。駄目だと分かってながらも(引かれちゃう)みたいな」とボヤいた中村。

 田中が「そうなの? 女性は刺激が好きなの?」と聞くと、中村は「95パーぐらいの女性は。当社調べですけど」と返答。田中は「だいぶ、刺激に飢えているね」とハイテンションで語って笑わせた。

(左から)中村倫也、黒川芽以、臼田あさ美、田中圭


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top