志尊淳「照れるからやめてよ…」 共演者から“男気エピソード”が続々

2018年11月3日 / 15:08

共演者から“男気エピソード”を明かされた志尊淳

 映画『走れ!T校バスケット部』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、佐野勇斗、早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201と古澤健監督が登壇した。

 本作は、いじめに遭い、大好きなバスケットボールを諦めた名門校の元エース・田所陽一(志尊)が、編入した学校で新たな仲間たちと夢に向かって走り出す姿を描いた青春ストーリー。

 この日、「この中で一番、男気があったのは誰?」という質問に対し、最も多くの票を集めたのは志尊だった。佐藤が「飯をおごってくれるんですよ」と冗談めかすと、志尊は「俺はお財布か!」と苦笑い。

 続いて鈴木が「一番バスケの練習時間が少ない中、頑張っている姿には男気を感じました」と語ると、志尊は「照れるからやめてよ。でも主役という立場として“男気を見せなきゃいけない”と自負している部分はあったかもしれない」と振り返った。

 西銘も「試合のシーンで、僕が点数を決める場面は、もともと台本にはなかったのに、志尊くんが『チームメートのいいところをやっぱり撮ってほしい』とわざわざ監督に言ってくれて。そのおかげで僕、(劇中で)点数を決めることができました」と裏話を語った。

 志尊の申し出に対して、古澤監督は、時間的な問題から一度は断ろうとしたが、「志尊がキャスト、スタッフに向かって『頑張りましょう』と。エキストラに向かっても『僕たち頑張るんで(お願いします)!』と声を掛けてくれて…。ゾワッとしたし、監督としてあんなにうれしい瞬間はなかった」と語り、申し出を受けたことを明かした。これを聞いた志尊は「無意識でした」と恥ずかしそうに笑った。

(左から)鈴木勝大、早見あかり、志尊淳、佐野勇斗、戸塚純貴


芸能ニュースNEWS

東京女子流「ずんだ」のアロエヨーグルトを試食 “考案者“新井ひとみ「すごくおいしい!」

トレンド2019年1月19日

 「森永アロエヨーグルト 天下一フレーバー限定試食会」が19日、東京都内で行われ、東京女子流(山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生)が登場した。 続きを読む

瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

ドラマ2019年1月19日

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。  藤沢周平原作の本作は、とある謎めい … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉に悪役を提案 「いい人じゃ駄目。とことん悪くないと」

映画2019年1月19日

 映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。  本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田(木村)と、彼 … 続きを読む

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

page top