中条あやみ、佐野勇斗の行動に驚き 初対面なのに「アイ・ラブ・ユー!」

2018年8月9日 / 11:16

イベントで笑顔を見せる佐野勇斗(左)と中条あやみ

 映画『3D彼女 リアルガール』のジャパンプレミアが8日、東京都内で行われ、出演者の中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろうと英勉監督ほかが登壇した。

 本作は、リア充美女のヒロイン・五十嵐色葉(中条)と、2次元を愛する超絶オタク“つっつん”こと筒井光(佐野)の恋の行方を描いたラブ・コメディー。

 撮影中から非常に仲が良かったというキャストたち。主演の中条は「最初に『私、人見知りなんです』と監督に自己申告したら、事前にそれをみんなに伝えてくれたみたいで、初めて会ったその瞬間に(みんなが)ボーンと壁をぶち壊しに来てくれたんです」とエピソードを披露した。

 中でも、佐野は初対面で「アイ・ラブ・ユー」と言葉を掛けてきたそうで、中条は「会って一言目に『アイ・ラブ・ユー』って言う人はいないから! 爆笑が起こりましたね」とにっこり。佐野は「とりあえず仲良くなりたかった。英語がしゃべれると聞いていたので、英語で言いたいと思ったけど、それを思いついたのがポーちゃん(中条)がやってくる20秒前。パッと出てきたのが『アイ・ラブ・ユー』だった。『終わったな』と思ったけど、うまく返してくれたので何とか仲良くなれました」と照れながら振り返っていた。

 劇中では超絶オタクを演じた佐野だが、役作りについては「特に何かを研究したりはしていません。原作を読んだときも『つっつんは僕に似ている』と思ったし、家族からも『動きが、家でふざけている時のあんたじゃん』と言われたぐらいです」と答えた。

 一方、完璧超絶美少女を演じた中条は、プレッシャーが相当あったようで、「漫画だからこそこんなにもかわいいわけで、『これをやれ!と言われるこっちの気持ちにもなれ』と思いました」と苦笑い。「いつもはいっぱい食べるのに腹八分目にしたり、鏡を見て表情の研究をしたりしました」と役作りの苦労を明かしていた。

 映画は9月14日から公開。

(前列左から)恒松祐里、佐野勇斗、中条あやみ、清水尋也、(後列左から)神田沙也加、ゆうたろう、上白石萌歌、英勉監督


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top