A.B.C-Z橋本&河合、Wキャスト挑戦 キスシーンで山下リオ「女の子の扱い方が真逆」

2018年7月11日 / 10:47

Wキャストに挑戦する河合郁人(左)と橋本良亮

 音楽劇「コインロッカー・ベイビーズ」出演者の囲み取材会が10日、東京都内で行われ、A.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人のほか、山下リオ、シルビア・グラブ、ROLLYが出席した。

 本作は、1980年に発表された村上龍氏の同名小説が原作で、コインロッカーに捨てられた2人の少年、ハシとキクを主軸に激しくも切ない物語が展開される。2016年の初演時には、ハシ役を橋本、キク役を河合が演じた。2年ぶりの再演となる今回は、公演期間を分けて、2人がそれぞれハシとキク両方の役をWキャストで担当する。

 河合は「新たなチャレンジができるという意味では、再演だけど初演のようなもの。すごく刺激を受けています」と充実の表情。橋本も「前回、プロデューサーさんに『キク役もやりたい』と言っていたらこうなった。話が来た時は『やっちまった!』と思った」と苦笑しつつ、「橋本、河合がすごいと思われるためにやるのではない。大成功したときに、そんな2人がいるA.B.C-Zってすごいなって思われたい」と語った。

 一方、不思議な少女・アネモネ役の山下は今回が初参戦。キク役演じる橋本、河合の両者とのキスシーンがあるが、それぞれのアプローチについて「女の子の扱い方が真逆です」とコメント。報道陣から「どういうふうに違う?」と突っ込まれると、「そこは劇場で確認していただければ…」とはにかんでいた。

 ROLLYはハシの魅力を引き出すプロデューサーD役。橋本と河合のWキャストについて、「たまに間違えそうになるが、最近ようやく分かってきましたよ」とニヤリ。Dがハシの股間に左手を伸ばすシーンを例に挙げ「2人の手触りが違う。左手だけで(2人の)味が違うのは分かる」と冗談めかし、笑わせた。

 舞台は7月11日~29日、都内のTBS赤坂ACTシアターを皮切りに、大阪公演、富山公演を予定。


芸能ニュースNEWS

宇垣美里「甘い男性が好きです。甘やかせてほしい」 “パリピ芸人”EXIT「闇営業」を否定

イベント2019年6月17日

 「かっぱ寿司の夏 新商品発表会」が17日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里、お笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹が登場した。  3人は、のりですしをつかんで食べるスタイルの「三段つかみずし」や、ギネス認定の唐辛子「 … 続きを読む

綾瀬はるか、超早口な応募呼び掛け ゆず「これ正解なんですか」

トレンド2019年6月17日

 「日本生命 東京2020オリンピック聖火ランナー募集」記者発表会が17日、東京都内で行われ、聖火リレーを盛り上げる「チームニッセイ」代表メンバーの綾瀬はるか、ロバートの秋山竜次、桐生祥秀選手、ゆずが出席した。 続きを読む

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

page top