松岡昌宏「ジュニアに戻った気持ちで臨みます」 「よくデートしている」草笛光子と手をつないで登場

2018年8月21日 / 16:35

ダンスポーズを披露した草笛光子(左)と松岡昌宏

 舞台「新・6週間のダンスレッスン」制作発表会見が21日、東京都内で行われ、出演者の松岡昌宏(TOKIO)、草笛光子ほかが出席した。

 本作は、68歳の未亡人リリー(草笛)と、ダンスインストラクターで45歳のマイケル(松岡)が、ダンスレッスンを通じて、心を通わせていく二人芝居。

 “公私共に仲が良い”という松岡と草笛は、手をつないで登場した。松岡の配役は、2006年の初演時からリリーを演じている草笛が、松岡に熱烈オファーをしたことがきっかけで決定したという。

 草笛は「5年前に(松岡が)私の息子役をやったときに『ここにマイケル役がいたー!』って思ったんです。年月を経て、彼に『ちょっと見てちょうだい』って言って、(前回の舞台を)見てもらったら、(松岡に)『何で俺に見てって言ったかが分かった。マイケルを俺にやれって言うんだろ』って言われて。彼も『俺に合うと思うよ』って自信満々でした」と経緯を明かした。

 松岡は「うれしかったです。自分がマイケルをやる以上は、(前作とは)また違った味を出さなきゃいけないなと思ってるので、松岡らしいマイケルを演じることができたらなと思います」と意気込みを語った。

 松岡は草笛のことを「ママ」と呼び、「よくデートをしている」という。「草笛さんの心をつかむために、どんな方法を使っている?」と質問された松岡は、涼しい顔で「顔じゃないですか?」と即答。草笛も「もうつかまれてます」と返すなど、息の合った掛け合いを披露した。

 一方、本作で振り付けを担当する名倉加代子氏との思い出を聞かれた松岡は「TOKIOがデビューする前の13歳のときに、先生に初めてお会いしました。僕ら(TOKIO)がダンスを踊らなくなってから25年がたってるので、果たして僕が先生の振り付けをできるのかっていう…。厳しい先生なので、ジュニアに戻った気持ちで一から臨みたいと思います」と自虐トークを混ぜながら、抱負を語った。

 舞台は、9月29日から10月21日、都内・よみうり大手町ホールほかで上演。


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top