森昌子、舞台で河合郁人と“二人三脚” 「『僕が守ります』と言われドキドキ…」

2017年5月19日 / 17:26

32年ぶりに舞台に出演する森昌子

 舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の制作記者発表が19日、東京都内で行われ、出演者の森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.)、小川菜摘、前田吟、監修、演出を務める井筒和幸監督、特別出演の生島ヒロシが出席した。

 本作は、井筒監督の映画『のど自慢』(1999年)をベースに、音楽喜劇として舞台化したもの。テレビの人気番組「のど自慢」に出演しようと奮闘するさまざまな人々の姿を、笑いと涙でつづったハートウォーミングコメディー。

 歌手としてデビューしたものの、なかなか売れず10年がたち、人生の岐路に立つ演歌歌手・赤城麗子役で主演する森は「とにかく32年ぶりの舞台で、平静を装っていますが本当に緊張しています」と明かし、「ぜひ皆さまに胸を借りるつもりで一生懸命やりたいと思います」と語り、ほほ笑んだ。

 そんな麗子を売ろうと奮闘するマネジャー役を演じる河合も、グループを離れての仕事は久しぶりだそうで「すごく緊張しています」と心境を吐露。今回は、せりふの量も多く結構しゃべる役だといい「普段の自分と似た部分があるし、うちの母親も“れいこ”という名前。二人三脚するにはピッタリの役だと思います」と意気込みを語った。

 一方、初の会見となった寺西は「普段あまり僕の仕事に興味のないおばあちゃんが『森昌子さんの舞台に出るんだよ』と言ったらすごく喜んでくれた。多分見に来てくれるので頑張らなきゃ」とニッコリ。「僕も先月大学を卒業したばかりで(演じる役柄と)年も近いので、自分に近いものが演じられたら」と力を込めた。

 そんな寺西の母親役を演じる小川は「息子と同じ年。こんなに顔のきれいな息子がいたらうれしいです。うちは夫(浜田雅功)のDNAが強いので」と語り、笑わせた。

 この日が初対面ながらキャスト陣の息は既にぴったり。森は河合とのポスター撮影を振り返り「ツーショットの時に『僕がお守りします』とすてきなことを言ってくれた。息子と同じぐらいの年なのにドキドキしちゃって、頼らせていただこうかなと思いました」と告白した。

 「マネジャー役なので…」と照れ笑いを浮かべた河合だったが、森は「それだけ?」と不満げ。改めて河合が「僕の出演が決まった時、森昌子さんと一緒ということで家族中が緊張し始めて…。ちゃんと守りたいと気持ちを込めて言いました」と言い直すと、森も「久々の男性からの告白だったので、びっくりしました」とうれしそうに話し、河合も「僕も初めての告白でした」とはにかんだ。

 舞台は6月29日~7月4日、都内、東京国際フォーラム ホールCを皮切りに、神戸、名古屋で上演予定。

(前列左から)上原多香子、森昌子、湖月わたる、(後列左から)監修、演出を務める井筒和幸監督、小川菜摘、前田吟、生島ヒロシ

(前列左から)上原多香子、森昌子、湖月わたる、(後列左から)井筒和幸監督、小川菜摘、前田吟、生島ヒロシ


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top