A.B.C-Z橋本良亮「今年の漢字は5周年の『五』」 共演の家入レオと偶然の漢字一致に大喜び

2017年12月15日 / 16:20

朗読劇に初挑戦する家入レオ

 「直木賞・本屋大賞受賞 恩田陸『蜜蜂と遠雷』より 『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会~」の制作記者発表が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオほかが登場した。

 本作は、小説家・恩田陸氏の作品「蜜蜂と遠雷」の言葉を、歌と朗読で表現しながら、作曲家の千住明氏による楽曲を壮大なオーケストラの響きで奏でる新しい形の朗読劇。

 橋本は、小説『蜜蜂と遠雷』を持参し「いっちょ前にこの本を持ってるんですけど、昨日読み始めました。千住さんとは3年前にご一緒させていただいて、今回またご一緒できるので気合を入れて頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 また「僕は朗読劇は初めてなので、こういう感じかなって動画とかを見ていたんですけど、(本作は)オーケストラもプラスされますから全く新しいんですよね。稽古期間が2日だけっていうのも聞かされて、『えっ?朗読劇って(稽古が)2日で終わるの?』ってびっくりして。今は自分の中で、できるかなあっていうのがあります」と不安も吐露した。

 同じく朗読劇は初めてという家入は「私は、演技とか音楽以外のジャンルに挑戦させていただくのは今年からなので、ドキドキしていますが、素晴らしい方たちに囲まれているので、新しい自分を出していけたらなと思います」と話した。

 「今年1年を振り返って、漢字一文字で表すと?」と振られると、橋本は「漢字の『五』です。A.B.C-Zが5周年目なのでシングルを出したり、アルバムを出したり、ライブツアーもできていい年だなと思いました」とコメントした。

 家入は「私も同じです。私も17歳でデビューして、今年で5周年を迎えたので『五』です。気が合いますね」と偶然にも橋本と同じ漢字を思い浮かべていたことを明かすと、2人は大喜びでハイタッチ。息が合うところを見せた。

 朗読劇は2018年1月5日、6日、都内・Bunkamuraオーチャードホール、27日、28日、大阪・森ノ宮ピロティホールで公演。


芸能ニュースNEWS

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

おかずクラブ、羽田で「たびレジ」をPR ゆいP「新婚旅行でモルディブに行きたい」

トレンド2019年3月22日

 「外務省×よしもと 海外安全対策ステージ」イベントが22日、東京都内の羽田空港国際線ターミナルで行われ、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。 続きを読む

page top