綾野剛、浅野忠信のアドリブにカオス状態 『パンク侍』は「ひっでえ現場でした」

2018年6月30日 / 15:15

(左から)永瀬正敏、綾野剛、北川景子

 映画『パンク侍、斬られて候』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、北川景子、東出昌大、浅野忠信、永瀬正敏ほかが登壇した。

 本作は、芥川賞作家の町田康氏が2004年に発表した同名小説を、石井岳龍監督が映画化した時代活劇。

 超人的剣客を自任する掛十之進役で主演した綾野は「実写化不可能といわれたものを実現させることができた。スクリーンをはみ出してやろうというみんなの思いが結実し、僕も役者として生まれ直した感じになれた。感謝しています」と語った。

 綾野は、敵対する役どころの浅野の演技がほぼアドリブだったことを明かし、「出てきていきなりタックルをしてくるし、僕は完全にカオス状態でした。それで監督が『OK』って言うから、『何がOKなんだ』と思った。(せりふで)いきなり『剛くん』と言われたときはさすがに驚いた」と話し、苦笑した。

 一方、浅野は「役に成り切っていたから分からないなあ。取りつかれていたんだと思う」ととぼけて、会場の笑いを誘った。

 特殊メークで猿たちの大将を演じた永瀬は、その異様な姿から「猿たちを抱っこしようとアプローチしたけれど、逃げられました。でも、最後は何匹かがおなかをさすらせてくれました」と語った。

 紅一点の北川は、劇中で男たちを惑わす腹踊りを披露しており「教祖みたいなところもあるので、いかにみんなを誘うダンスができるのかが私の役割でした。ダンスの先生といろいろお話しをして、ああいう腰の振り方になりました」と照れながら明かした。

 その後も、東出が「こんなに強い先輩たちの、強いエピソードの後にしゃべることはない。とにかく狂気でした」とぼやくほどの爆笑エピソードが次々に繰り出された。綾野は随所で会話に加わりながらも、「それにしても、ひっでえ現場だったな」と笑い飛ばすしかなかった。

(前列左から)石井岳龍監督、永瀬正敏、綾野剛、北川景子、浅野忠信、國村隼、染谷将太(後列同から)宮藤官九郎、渋川清彦、東出昌大、村上淳、若葉竜也


芸能ニュースNEWS

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

吉田沙保里、引退会見後初のイベント 「いろいろな出会いがあればいいな」

トレンド2019年1月18日

 日本マクドナルド「ダブチvsてりやきNo.1対決キャンペーン 吉田沙保里1日CEO就任イベント」が18日、東京都内で行われ、先日現役引退を表明した元女子レスリング選手の吉田沙保里が登場した。 続きを読む

大泉洋、観客にPR術を指南 「大泉洋のファンじゃない感じで…」

映画2019年1月18日

 映画『そらのレストラン』プレミアイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、本上まなみ、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーいと深川栄洋監督が登壇した。  本作は、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く大泉洋主演の北海道映画シリ … 続きを読む

山田孝之、「そのうそは一生つき続けて…」  女子高生からの質問に即答

映画2019年1月18日

 映画『デイアンドナイト』の女子中高生試写会イベントが17日、東京都内で行われ、プロデューサーを務めた俳優の山田孝之が登場した。  山田は出演は一切せずに、全面プロデュースに挑戦した。阿部進之介が長編映画初主演を務めた本作は、「人間の善と悪 … 続きを読む

page top