綾野剛、浅野忠信のアドリブにカオス状態 『パンク侍』は「ひっでえ現場でした」

2018年6月30日 / 15:15

(左から)永瀬正敏、綾野剛、北川景子

 映画『パンク侍、斬られて候』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、北川景子、東出昌大、浅野忠信、永瀬正敏ほかが登壇した。

 本作は、芥川賞作家の町田康氏が2004年に発表した同名小説を、石井岳龍監督が映画化した時代活劇。

 超人的剣客を自任する掛十之進役で主演した綾野は「実写化不可能といわれたものを実現させることができた。スクリーンをはみ出してやろうというみんなの思いが結実し、僕も役者として生まれ直した感じになれた。感謝しています」と語った。

 綾野は、敵対する役どころの浅野の演技がほぼアドリブだったことを明かし、「出てきていきなりタックルをしてくるし、僕は完全にカオス状態でした。それで監督が『OK』って言うから、『何がOKなんだ』と思った。(せりふで)いきなり『剛くん』と言われたときはさすがに驚いた」と話し、苦笑した。

 一方、浅野は「役に成り切っていたから分からないなあ。取りつかれていたんだと思う」ととぼけて、会場の笑いを誘った。

 特殊メークで猿たちの大将を演じた永瀬は、その異様な姿から「猿たちを抱っこしようとアプローチしたけれど、逃げられました。でも、最後は何匹かがおなかをさすらせてくれました」と語った。

 紅一点の北川は、劇中で男たちを惑わす腹踊りを披露しており「教祖みたいなところもあるので、いかにみんなを誘うダンスができるのかが私の役割でした。ダンスの先生といろいろお話しをして、ああいう腰の振り方になりました」と照れながら明かした。

 その後も、東出が「こんなに強い先輩たちの、強いエピソードの後にしゃべることはない。とにかく狂気でした」とぼやくほどの爆笑エピソードが次々に繰り出された。綾野は随所で会話に加わりながらも、「それにしても、ひっでえ現場だったな」と笑い飛ばすしかなかった。

(前列左から)石井岳龍監督、永瀬正敏、綾野剛、北川景子、浅野忠信、國村隼、染谷将太(後列同から)宮藤官九郎、渋川清彦、東出昌大、村上淳、若葉竜也


芸能ニュースNEWS

向井理「泣くのをこらえていました…」 志尊淳「向井さんはものすごくクレバーな方」

ドラマ2018年7月23日

 NHKスペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の向井理、志尊淳が登場した。  本作は、1964年の東京パラリンピックを成功に導き、その後は障害者の自立のための施設を設 … 続きを読む

深田恭子、猛暑対策は「氷枕で寝ています」 電気のおねえさん役での決めポーズに赤面

トレンド2018年7月23日

 「東京ガスの電気 新CM発表会」が23日、東京都内で行われ、新CMキャラクターに起用された女優の深田恭子が出席した。 続きを読む

竹内涼真、写真集の出来に「自信はあります」 “ギャランドゥ”も披露「そらなくてよかった」

トレンド2018年7月21日

 写真集『Ryoma Takeuchi』の発売記念イベントが21日、東京都内で行われ、俳優の竹内涼真が出席した。 続きを読む

福士蒼汰、真野恵里菜に「結婚おめでとう」と祝福 杉咲花は吉沢亮と「会話ができてうれしかった」

映画2018年7月21日

 映画『BLEACH』の公開記念舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮、小柳友、早乙女太一、MIYAVI、江口洋介、佐藤信介監督が登場した。  本作は、死神を代行するはめになった高校生の黒崎一護(福士)が、 … 続きを読む

黒木華「親の強さに『ありがとう』って…」 “家族愛”を感じる瞬間は実家に帰った時

映画2018年7月21日

 映画『未来のミライ』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子と細田守監督が浴衣姿で登壇した。  本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん” … 続きを読む

page top