羽生結弦「五輪は人生そのもの」 帰国報告会でファンの声援に笑顔

2018年2月27日 / 14:56

帰国報告会で笑顔を見せる羽生結弦選手

 平昌五輪に出場した日本選手団の解団式・帰国報告会が27日、東京都内で行われ、フィギュアスケート男子個人で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦選手、銀メダルを獲得した宇野昌磨選手、女子個人で4位に入賞した宮原知子選手らが登壇した。

 司会の松岡修造から「羽生さんにとってオリンピックはどんな存在?」と聞かれた羽生選手は「人生そのものです。全てを懸けました。足がどうであれ、気持ちがどうであれ、心臓がどうであれ、やっぱり全てを懸けないと勝ち切れないと分かっていたし、(金メダルを)勝ち取ったこともまた、自分の人生だと思います」と率直な思いを口にした。

 また、羽生選手は「五輪に、スケート人生だけでなく、これからの人生も全て懸けた。自分が懸けた分、(金メダルを)皆さんが喜んでくださっているのがうれしいし、また、その喜びが自分の喜びにもなっている。将来、自分がいろんな仕事に就いたときに、やっぱりこの2連覇という肩書はすごく大きいし、説得力にもなると思う。これからこれを誇りに生きていきたい」と語った。

 この日、ファンの大歓声に迎えられた羽生選手は「こうして外でインタビューされることがなかなかない。リンクと違い皆さんのお顔も見られるのですごくうれしいです」とにっこり。

 演技中の心境については「苦しさとか、不安とか、ワクワクとか、そういうのはなしに、自分のやってきたことを信じて、ひたすら集中できていたと思います」と振り返った。

 松岡が「無理した部分もあると思う。ちょっと休んでほしい」とねぎらうと、羽生選手は「靭帯だけならすぐ治ったと思うのですが、いろんなところが痛み過ぎて、もう(痛みが)どこだか分からない。ちょっと休みたいなという気持ちはあります。ただ、休むといっても治療ってそんなに簡単なものじゃない。リハビリも大変なので、それもまた苦しみながら頑張ります」と語った。

羽生結弦選手(左)と司会の松岡修造


芸能ニュースNEWS

横浜流星、吉高由里子と恋愛映画でW主演 「人を愛し、思うことを考えさせられた」

映画2020年10月26日

 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の吉高由里子、横浜流星と三木孝浩監督が登壇した。  本作は、視力を失った明香里(吉高)と、罪を犯し夢を失った塁(横浜)が偶然出会ったことから始まる純愛を … 続きを読む

「極主夫道」で玉木宏らがハロウィーン仮装 「極道版の桃太郎が最高に笑えた」

ドラマ2020年10月26日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第3話が、25日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘するコメディー。   … 続きを読む

「危険なビーナス」妻夫木聡の演技に賞賛の声 「イケメンなのに情けない感が出てる」

ドラマ2020年10月26日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「「危険なビーナス」(C)TBS」(TBS系)の第3話が25日に放送された。  今回は、楓(吉高)を階段から突き落とした犯人が判明する。  伯朗(妻夫木)は、元美(中村アン)から楓が救急搬送され … 続きを読む

永作博美、役作りで井浦新とベビー用品購入 「写真を撮られたらドキドキするなって…」

映画2020年10月26日

 映画『朝が来る』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子と河瀬直美監督が登壇した。  本作は、実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女をつなぐ「特別養子縁組 … 続きを読む

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

page top