福山雅治「飛び込むしかないと思った」  ジョン・ウー監督からのオファーに感激

2018年1月31日 / 11:32

敏腕刑事を演じた福山雅治

 映画『マンハント』のジャパンプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、國村隼、倉田保昭、斎藤工、アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、ジョン・ウー監督が登壇した。

 本作は、西村寿行氏の小説を高倉健主演で映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』(76年)を、再映画化したサスペンス・アクション。無実の罪を着せられた弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と敏腕刑事の矢村(福山)の2人が、事件の真相を追い求める姿を、オール日本ロケで描いた。

 ハンユーとW主演を務めた福山は、ウー監督からのオファーについて、「光栄で、まさに夢のような話だと思ったが、僕はアクションもほぼ未経験。そんな人間がジョン・ウーさんの作品に出ていいのかと、不安な気持ちの方が大きかった」と当時の思いを振り返った。司会者から「ものすごいアクションだった」と称賛されると、「めちゃくちゃハードです。最初は僕も本当に心配だったのですが、こういった機会はもう一生ない、飛び込むしかないと思って飛び込みました」と語った。

 ウー監督は福山について「前から非常に注目していたアーティスト。とても人情があり、正義感に満ちている方。私の考える矢村像にぴったりだった」とにっこり。福山も「監督は本当に穏やか。もともと監督のファンでしたが、実際に現場に入ると、監督の求める絵作りやお芝居のためなら、自分のできる全力以上でやろうと思いました」と、その人柄にほれ込んだ様子だった。

 また、福山の相棒を演じた桜庭は、「私が何度も失敗してしまったのですが、福山さんの『思い切りやってくれたら大丈夫だから』という言葉に救われました」とエピソードを披露。福山は「ななみちゃんが失敗してくれたら俺も失敗しやすくなるなと思って」と応じていた。

 映画は2月9日から全国ロードショー。

(左から)國村隼、ジョン・ウー監督、福山雅治、桜庭ななみ、池内博之、斎藤工


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top