福山雅治「飛び込むしかないと思った」  ジョン・ウー監督からのオファーに感激

2018年1月31日 / 11:32

敏腕刑事を演じた福山雅治

 映画『マンハント』のジャパンプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、國村隼、倉田保昭、斎藤工、アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、ジョン・ウー監督が登壇した。

 本作は、西村寿行氏の小説を高倉健主演で映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』(76年)を、再映画化したサスペンス・アクション。無実の罪を着せられた弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と敏腕刑事の矢村(福山)の2人が、事件の真相を追い求める姿を、オール日本ロケで描いた。

 ハンユーとW主演を務めた福山は、ウー監督からのオファーについて、「光栄で、まさに夢のような話だと思ったが、僕はアクションもほぼ未経験。そんな人間がジョン・ウーさんの作品に出ていいのかと、不安な気持ちの方が大きかった」と当時の思いを振り返った。司会者から「ものすごいアクションだった」と称賛されると、「めちゃくちゃハードです。最初は僕も本当に心配だったのですが、こういった機会はもう一生ない、飛び込むしかないと思って飛び込みました」と語った。

 ウー監督は福山について「前から非常に注目していたアーティスト。とても人情があり、正義感に満ちている方。私の考える矢村像にぴったりだった」とにっこり。福山も「監督は本当に穏やか。もともと監督のファンでしたが、実際に現場に入ると、監督の求める絵作りやお芝居のためなら、自分のできる全力以上でやろうと思いました」と、その人柄にほれ込んだ様子だった。

 また、福山の相棒を演じた桜庭は、「私が何度も失敗してしまったのですが、福山さんの『思い切りやってくれたら大丈夫だから』という言葉に救われました」とエピソードを披露。福山は「ななみちゃんが失敗してくれたら俺も失敗しやすくなるなと思って」と応じていた。

 映画は2月9日から全国ロードショー。

(左から)國村隼、ジョン・ウー監督、福山雅治、桜庭ななみ、池内博之、斎藤工


芸能ニュースNEWS

吉本興業・岡本社長、宮迫&田村亮との関係修復を希望 「非常につらい思いをさせてしまった」

ニュース2019年7月22日

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、反社会的勢力の会合に参加した“闇営業“に端を発する一連の騒動を受け、東京都内で会見を行った。  この日の会見は、20日、同社と契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ … 続きを読む

岸恵子、幼少期の悲惨な戦争体験を告白 清原果耶「同世代の方にも見てほしい」

ドラマ2019年7月22日

 NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~」試写会見が22日、東京都内で行われ、出演者の岸恵子、清原果耶、渡辺美佐子、山口まゆ、伊東四朗が登場した。  本作は、太平洋戦争の中で最も凄惨(せいさん)を極めたフィリピン攻防 … 続きを読む

斎藤工「業界全体が変わらなきゃいけない時代」 芸人らに「気が気じゃないだろうな」

トレンド2019年7月22日

 「読売新聞 特別記者」任命式が22日、東京都内で行われ、特別記者に任命された俳優の斎藤工が登場した。 続きを読む

城田優「今までで一番すてきな加藤和樹を作る」 加藤「最後まで付いていく」

舞台・ミュージカル2019年7月22日

 ミュージカル「ファントム」制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の加藤和樹、城田優、愛希れいか、木下晴香ほかが登壇した。  本作は、フランスの人気小説『オペラ座の怪人』を原作に、同作に登場する怪人ファントムの人間像に焦点を当てた物 … 続きを読む

NHK発の地下アイドルグループが誕生! Twitterでミュージックビデオを公開

ドラマ2019年7月22日

 女優の白石聖、松田るか、田中珠里、松川星、天木じゅんをメンバーとする地下アイドルグループ「サニーサイドアップ」が22日にNHKからデビューし、オリジナル曲「おちゃのこサニサイ」のミュージックビデオをTwitterで公開した。  27日から … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top