小瀧望、いくえみ綾の人気キャラを熱演  「プレッシャーを感じました」

2018年1月25日 / 10:24

高杉真宙(左)と黒島結菜

 映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』の完成披露試写会が24日、東京都内で行われ、出演者の黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)、高杉真宙、川栄李奈、篠原哲雄監督が登壇した。

 同映画は、累計120万部を突破した、いくえみ綾氏の大人気コミックを実写映画化。高校生の男女が恋や友情に揺れながら成長していく姿を描く。 

 映画初主演となった小瀧は、学校で一番の人気者で、幼なじみを大切にするがいつも上から目線の“俺様系モテ男子”・ 舘林弦を熱演。いくえみ氏の漫画で最も人気があるキャラクターであることについて、「プレッシャーを感じました。突き放す言い方をするんだけど、むきになり過ぎない。たまに垣間見える優しさもあるけど、優しくなり過ぎない。バランスが難しかったです」と役作りを振り返った。

 小瀧は、黒島とW主演だったこともあり「何かあったら黒島さんに任せようと思っていた」とニヤリ。黒島は「ちょっとやめてください」と慌てつつ、「私も主演がちょっと怖かったけれど、小瀧君がいろいろ引っ張ってくれました」と話した。 

 一方、弦の幼なじみ・桜井和央を演じた高杉について、司会者が「漫画の中から飛び出してきたような“ゆるふわ系モテ男子”」と絶賛。高杉は「和央くんを演じられて楽しかった。芯の強さや男っぽいところが見えたら良いなと思い演じました」とにっこり。そんな高杉の魅力について小瀧も、「素でも、本当にかわいいんですよ。どんどん何でもやってあげたくなるような感じだった」と力説した。

 ところが当の高杉は「うん…?」ときょとんとした表情。黒島から「温度差ありませんか?」と突っ込まれた小瀧は「俺のほうが、熱量が強過ぎますね!」と“片思い”を認めたが、高杉も「ずっと小瀧くんに守られている感じだった。優しいお兄さんだなと思った。同じ年なのに」と“ラブコール”に応じていた。

 映画は3月3日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

妻夫木聡、当選金の10億円で「家を建てたい」 今年の漢字1文字は「耐」

CM2020年11月24日

 「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」発売記念イベントが24日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が出席した。  1等・前後賞合わせて10億円と超豪華賞金が魅力の「年末ジャンボ宝く … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

page top