松坂桃李、「ゾッとするのも悪くない」主演映画に自信 「おっしゃあと思った」過去の愚かな“罪”も告白

2017年12月22日 / 10:23

映画『不能犯』で主演を務めた松坂桃李

 映画『不能犯』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、主演の松坂桃李をはじめ沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、芦名星、矢田亜希子、白石晃士監督が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、同名の人気漫画が原作。人の心を操り死に追いやる立証不能な犯罪者を演じた松坂は、積み重ねた空のボックスからからこつ然と登場した。演出のスモークがボックス内に充満したのか、むせ返ってしまうハプニングもあったが、「素人がやるもんじゃない。でも、この役をやっていなかったらできない経験だった」と照れながら話した。撮影中は役になりきることに徹したといい、「純粋に楽しかった。欲や業にまみれた人を死にいざなう瞬間の笑顔は、気持ちがよく分かった」と満足げな笑顔を見せた。そして、「クリスマスが近くて、恋愛映画でほっこりするのもいいけれど、『不能犯』でゾッとするのも悪くないと思うはず」と自信ありげに語った。

 松坂の役づくりには共演者も感嘆の声を上げ、刑事として敵対する役どころの沢尻は「近づきにくいオーラがあって、話し掛けられない。どう接していいか分からなかった」と絶賛。間宮も、「身長も高いので、立っているだけでビックリする。存在感が異質で、周りだけ色が出ているようだった」と明かした。唯一、矢田が「私は演じていない部分でも話して、和やかでしたよ」とフォロー。それでも、「すっごいことをされるシーンがあって、そのときにひょう変するけれどビジュアルそのものが怖い。切り替わるスイッチがすごくて、圧倒されました。想像を超える芝居で、そこまでされるんだということをされました」と暴露した。松坂は「全部、監督の指示ですからね」と言い訳したが、白石晃士監督に「特に何も指示していないよ」とつれなくされ、苦笑いするしかなかった。

 また、松坂のセリフ「愚かだねえ、人間は」というセリフに絡め、それぞれの愚かな過去の“罪”を告白することに。松坂は、「街を歩いていたときにスケボーをやっている人がいて、危ねえなあ、転ばねえかなあと思っていたら転んで、『おっしゃあ』と思った。『大丈夫かな』ではなく、『ほら、そんなことしているから』と思ってしまった自分は良くないっすね」と自省していた。

 映画は来年2月1日から全国で公開される。

映画『不能犯』の完成披露試写会で舞台あいさつに立った(左から)白石晃士監督、矢田亜希子、新田真剣佑、松坂桃李、沢尻エリカ、間宮祥太朗、芦名星


芸能ニュースNEWS

山本美月、不思議なクリスマスの習慣を語る 「サンタさんがピンポーンと家に来た」

トレンド2019年11月13日

 「クリスマスイルミネ-ション点灯式」が13日、東京都内で行われ、女優の山本美月が出席した。 続きを読む

片寄涼太、橋本環奈の不思議な言動を暴露 酒井若菜「環奈ちゃんはおっさんという感じ」

映画2019年11月13日

 映画『午前0時、キスしに来てよ』の舞台あいさつイベントが12日、東京都内で行われ、出演者の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、酒井若菜、遠藤憲一、新城 … 続きを読む

葵わかな、木下晴香とWキャストでミュージカル 「晴ちゃんは親友、同志でもありライバル」

舞台・ミュージカル2019年11月12日

 ミュージカル「アナスタシア」制作発表会見が12日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、木下晴香、海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴、山本耕史、堂珍嘉邦、麻実れいが出席した。  本作は、帝政ロシア時代最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ、一族が殺害され … 続きを読む

梅沢富美男、徳井義実や田代まさしをバッサリ 「今年の芸能界は情けない話ばかりだった」

トレンド2019年11月12日

 「イトーヨーカドー クリスマスケーキ・おせち試食会」が12日、東京都内で行われ、俳優の梅沢富美男が登場した。 続きを読む

広瀬すず、ルパン三世にぞっこん 「衝撃的な格好良さ。結婚したい」

映画2019年11月12日

 映画『ルパン三世 THE FIRST』の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、声優の栗田貫一、小林清志、浪川大輔、ゲスト声優の広瀬すず、藤原竜也と山崎貴監督が出席した。  本作は、ルパンの映画としては23年ぶり(コラボ作品を除く)で、 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top