【芸能コラム】松坂桃李、高橋一生… 2018年、スクリーンでの活躍が期待される俳優たち

2018年1月1日 / 12:00

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

 昨年は数々の人気俳優がお茶の間の注目を集めた。だが、テレビの前に座っているばかりでなく、映画館の暗闇の中、大きなスクリーンでお気に入りのスターを独り占めする気分もまた格別だ。そこでここでは、今年スクリーンでの活躍が期待される俳優たちをピックアップしてみた。

 まずは現在、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」で活躍中の松坂桃李。今年は既に『不能犯』(2月1日公開)、『娼年』(4月公開予定)、『弧狼の血』(5月12日公開)の3作品が待機している。役柄も、人の心を操る犯罪者(『不能犯』)、会員制ボーイズクラブで働く青年(『娼年』)、新人刑事(『弧狼の血』)と多彩で、作品ごとに違った顔を見せてくれそうだ。

 また、大ブレークした高橋一生は、大河ドラマ「おんな城主 直虎」、「カルテット」、「わろてんか」など、テレビドラマでの活躍が中心だった昨年から一転、今年は続々と出演映画が公開される。

 1月20日公開の長澤まさみと共演した『嘘を愛する女』は、昏睡(こんすい)状態に陥った恋人の隠された過去を探る女性を主人公にしたミステリータッチのラブストーリーで、高橋の緻密な演技力が存分に発揮された作品となっている。

 さらに2月3日には、高橋主演で俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で長編初監督を務めた『blank13』が公開される。リリー・フランキー、松岡茉優ら実力派俳優たちとの共演にも注目したい。6月15日には池井戸潤のベストセラー小説を映画化した『空飛ぶタイヤ』も公開予定となっている。

 そして、今年、大きな飛躍が期待されるのが、新田真剣佑だ。大ヒット作の続編『ちはやふる -結び-』が3月17日に公開されるのをはじめ、『不能犯』、『OVER DRIVE』(6月1日公開)などに出演する。中でも注目は、4月に公開される『パシフィック・リム:アップライジング』だ。大ヒット作『パシフィック・リム』の続編となるハリウッド大作でどのような活躍を見せるのか。その後の動向も含めて、注目したい。

 
  • 1
  • 2

アクセスランキング RANKING

page top