阿部顕嵐、就活とジャニーズの共通点を語る 仲間のデビューを祝福も「嫉妬もあったり…」

2017年11月24日 / 16:34

(左から)丸尾丸一郎氏、鈴木勝大、美山加恋、宮崎香蓮、小野田龍之介

 舞台「何者」公開舞台稽古および囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、美山加恋、長妻怜央(Love-tune/ジャニーズJr.)、鈴木勝大、宮崎香蓮、小野田龍之介、演出の丸尾丸一郎氏が出席した。

 本作は、作家・朝井リョウ氏の直木賞受賞作で、映画化もされた同名小説を初舞台化。就職活動を通して自分が“何者”かを模索する大学生らが、友情、恋愛、裏切りといったさまざまな感情の交錯とともに、人間として成長していく姿を描く。

 主人公・二宮拓人役の阿部は「作っていく過程を見てくれていた人たち以外に、初めて見てもらって、今やっとスタートラインに立ったという感じ」と舞台稽古を終えての実感を語り、「緊張感を生かして本当の面接のように見せられたのでは」と振り返った。

 これまで出演してきた、ジャニーズ事務所が手掛ける作品から飛び出し、本作が外部公演初出演となった長妻は「本読みとか、発声、そういうレベルから教えていただいた。意識が変わりました。人生レベルで得をした気持ち」と手応えをのぞかせた。

 稽古を共にした小野田も「男としてエネルギッシュに、熱く芝居をしている。普段のLove-tuneのキラキラな感じとはまた違うエネルギーを感じてもらえると思う。見に来たお客さんは“鼻血ブー”でしょうね」とアピールした。

 鈴木が「なんせ僕らは就活ってものをしていない」と切り出すと、阿部も「丸尾さんを中心に、グループディスカッション、略して“グルディス”し合って、皆で向き合う作業をした。皆の力を借りて、客観的な意見も取り入れて頑張りました」と覚えたての就活ワードをドヤ顔で披露し、笑いを誘った。

 また、阿部は「事務所での立場と就活での立場がすごく似ていると感じた。就活が決まる=デビュー。仲間がデビューすると、表面上は喜ぶけど、7割ぐらいは嫉妬もあったり…」と複雑な心境を吐露した。

 このことについては“グルディス”もしたそうで、「仲間の内定が決まる瞬間に通ずるものがあったので、僕の中でも(似た気持ちを)感じやすいところでした」と役作りについて語った。

 舞台は25日~12月10日、都内、天王洲 銀河劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介の不倫疑惑に衝撃 ともさかりえが新キャストで登場

ドラマ2020年11月24日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。  本作は、法医学者の朝顔(上野)と刑事の父(時任三郎)の姿を描くヒューマンドラマ。今回は、マンションの一室で遺体となって発見された若 … 続きを読む

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top