中条あやみ、主演作公開に感慨 「卒業式のお母さんの気分」

2017年11月25日 / 14:36

(左から)三木康一郎監督、磯村勇斗、小関裕太、中条あやみ、志尊淳、真野恵里菜、杉野遥亮

 映画『覆面系ノイズ』の公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の中条あやみ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮、三木康一郎監督が出席した。

 福山リョウコ氏の人気コミックを実写化した本作は、音楽をモチーフとした究極の“片恋”ストーリー。主演の中条は「本当にみんなに力を合わせて作った愛情のたっぷり詰まった作品です。卒業式のお母さんってこんな気分なんだろうな…。そんな感情です」と感慨深げにあいさつした。

 この日は、本作の内容にちなみ、出演者たちが“今だから言える本音”についてトークを展開。杉野は、撮影中に“塩対応”だった三木監督から「嫌われているかも」と思っていたそうだが「クランクアップの時に『遥亮がいたからこの現場は楽しかった』と言ってもらえて、この人、ツンデレ…?と思った」とエピソードを披露した。

 一方、そんな杉野について磯村は「女っぽいところがある」と指摘。杉野の演じた役は、そもそもおネエ口調のキャラクターだったが「杉野くん本人がおネエなのかここで確かめたい」と切り出した。

 これには中条や志尊も「実は(おネエ)ぽいなと思っていました」と興味津々。磯村が「ボディータッチが多いのと、距離感が近い。喋り方もホワッとした感じで、さっきも俺が携帯をいじっていたら、隣で耳に(息を)フーフーとしてきた」と実例を挙げながら「これはアウトでしょ!」と告発。志尊も思い出したように「昨日も現場に着いた瞬間に『淳ちゃん、これ聞いて。今俺がハマっている曲』と目をキラッキラさせながらイヤホンを渡してきた」と続けた。

 その時、杉野と志尊は「1つのイヤホンを2人で使っていた」そうで、疑惑の信ぴょう性は増すばかり。当の杉野は「普通のニュートラルな人なんですが、写真撮影でカメラマンさんに、すごく(キャラクターを)求められてのアレだったので…」とあくまで演じた役の影響だと、苦笑いで釈明していた。


芸能ニュースNEWS

霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

トレンド2019年5月22日

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。 続きを読む

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

page top