綾瀬はるか、3年間取り組んだアクションに余裕 「精霊の守り人」演じ切り「物足りない」

2017年11月13日 / 15:37

3年間にわたってバルサを演じた綾瀬はるか

 NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 ~最終章~」試写会および会見が13日、東京都内で行われ、出演者の綾瀬はるか、高良健吾、鈴木亮平と原作者の上橋菜穂子氏ほかが出席した。

 3年間にわたって短そう使いの用心棒バルサを演じてきた綾瀬は「ようやく最終章を見ていただけるんだと思うと静かにうれしい気持ちです。ホッとしています」と胸をなで下ろし、「どんなふうに皆さんに届くのか楽しみなところ」と期待感も口にした。

 続けて「バルサが30歳ぐらいで、自分も同じ30歳ぐらいで始まった。30代の出だしとして大きな壁であり、新しい自分をたくさん引き出してもらったり、発見できるところがあった」と語った。

 綾瀬は「バルサという役が、自分の性格に関わるぐらいの役になった」と言い切り、“生みの親”である上橋氏を驚かせたが、「バルサと共に、より強くたくましくなった。こういうハンサムウーマン的なのもいいですね」とマイペースで語った。

 また、これまでも披露してきた短そうを使ったアクションについては「(シーズン1での)すごく大変なアクションを撮ってから、バルサという人物が演じやすくなった」と振り返り、「最終章ではすっかりアクションも楽になりました。最終章は物足りないなって。これでいいの?って感じになっていました」と余裕の表情を浮かべた。

 一方、タルシュ帝国の第2王子ラウルを演じた高良は「このキャストの中で僕がラスボスって荷が重いんじゃないかと思った」と語ったが、部下ヒュウゴ役の鈴木が「“戦わない”という戦いを、ラウルさんの気持ちを損なわないように一生懸命やった。中間管理職的な戦いで、そういう立場で働いている方に共感を持って見てほしい」とフォローして笑いを誘った。

 ドラマは25日午後9時から毎週土曜日放送。

(左から)鈴木亮平、綾瀬はるか、高良健吾、上橋菜穂子氏


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top