綾瀬はるか、勘九郎の妻役で19年大河出演 「八重の桜」以来の大河に「社員の気分味わえる」

2017年11月2日 / 10:01

19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する綾瀬はるか

 宮藤官九郎が脚本を手掛ける、NHKの2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の出演者発表会見が1日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲをはじめ、綾瀬はるか、大竹しのぶ、生田斗真、竹野内豊、役所広司、杉本哲太、杉咲花、永山絢斗、勝地涼、シャーロット・ケイト・フォックス、古舘寛治、ピエール瀧が出席した。

 本ドラマは“五輪に初参加した男”金栗四三(勘九郎)と“五輪を呼んだ男”田畑政治(阿部)の2人が主役。この日は主に四三と関わりのある登場人物13人が発表された。

 四三の妻・春野スヤを演じる綾瀬は、自身が主演した13年の「八重の桜」以来となる大河ドラマ。「スタジオ撮影で、朝の入り時間が職員さんと同じ時間帯だった。自分もNHKの社員さんになったみたいで通うのが密かに楽しみでした」と久々の感覚を懐かしんだ。大河主演経験者として「とにかく入り時間と皆さんの出社時間が一緒というのがすごく新鮮。社食も一緒で、本当に社員さんになった気分が味わえる」と繰り返して念押し。「1年を通して一人の一生を演じるのは格別な喜びがあると思う。“いだてん”のように突っ走って、私たちを引っ張ってください」とエールを送った。

 また、夫・四三の印象を「お話を聞くと新しいことにどんどん突き進む、岩のような強い信念を持った方なのかなと思いました」と語り、夫を支える妻として「ユーモアがあって家をパッと明るくする奥さん。家を守る強さと、夢を追っている旦那さんを信じて支える強さってところです」と意気込んでいた。

19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する綾瀬はるか


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top