綾瀬はるか、勘九郎の妻役で19年大河出演 「八重の桜」以来の大河に「社員の気分味わえる」

2017年11月2日 / 10:01

19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する綾瀬はるか

 宮藤官九郎が脚本を手掛ける、NHKの2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の出演者発表会見が1日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲをはじめ、綾瀬はるか、大竹しのぶ、生田斗真、竹野内豊、役所広司、杉本哲太、杉咲花、永山絢斗、勝地涼、シャーロット・ケイト・フォックス、古舘寛治、ピエール瀧が出席した。

 本ドラマは“五輪に初参加した男”金栗四三(勘九郎)と“五輪を呼んだ男”田畑政治(阿部)の2人が主役。この日は主に四三と関わりのある登場人物13人が発表された。

 四三の妻・春野スヤを演じる綾瀬は、自身が主演した13年の「八重の桜」以来となる大河ドラマ。「スタジオ撮影で、朝の入り時間が職員さんと同じ時間帯だった。自分もNHKの社員さんになったみたいで通うのが密かに楽しみでした」と久々の感覚を懐かしんだ。大河主演経験者として「とにかく入り時間と皆さんの出社時間が一緒というのがすごく新鮮。社食も一緒で、本当に社員さんになった気分が味わえる」と繰り返して念押し。「1年を通して一人の一生を演じるのは格別な喜びがあると思う。“いだてん”のように突っ走って、私たちを引っ張ってください」とエールを送った。

 また、夫・四三の印象を「お話を聞くと新しいことにどんどん突き進む、岩のような強い信念を持った方なのかなと思いました」と語り、夫を支える妻として「ユーモアがあって家をパッと明るくする奥さん。家を守る強さと、夢を追っている旦那さんを信じて支える強さってところです」と意気込んでいた。

19年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演する綾瀬はるか


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top